進化(^^)/

みなさん おはようございます。20日午前6時現在、晴れで気温は17℃。気分は(-.-)

昨年、30数年ぶりにトラクターを購入したのですが、新たな機能が追加されていました。

ロータリー部分に鉄棒が2本つけられているのが見えると思いますが、これがあることにより、草が絡むのが軽減されるのです。

これがない場合は、ロータリーの軸に草が巻き付いてしまい仕事にならないのです。もちろん長い草の場合は少々絡んでしまいますが、それでも随分軽減されます。

今回、牧草の種を蒔くのに雑草の鋤込み作業をしたのですが、スムーズに終えることが出来て助かりました😁DSC_1982DSC_1996

今年もやって来ました(^0_0^)

みなさん おはようございます。19日午前5時半現在、晴れで気温は22℃。気分は(-.-)

牟岐漁港でおかずを確保してきました。

夕食までの30分ほど。車を降りたすぐ近くでルアーを投げ、リールを勢い良く巻くだけ。

手のひらサイズのメッキアジが食らいついてきます😄

塩焼きして食べますが、もちろん美味しいですよ。いなか暮らしの良いところの一つです😁DSC_1972DSC_1952

プレゼント(^0_0^)

みなさん おはようございます。18日午前5時半現在、晴れで気温は22℃。「赤旗」日刊紙の配達を終えて帰って来たところです。気分は(-.-)

敬老の日だからとということではありませんが、日和佐の「道の駅」に寄ったとき、マイバーさんが喜びそうな花が売っていたのでプレゼントしました。

マイバーさんにプレゼントして喜ぶのは、第一に安いこと、第二に珍しいこと。

思った通り、「キキョウか、紫の花がないから良かった」と喜んでくれました💕

 

DSC_1988

食料確保(^^)/

みなさん おはようございます。17日午前6時現在、晴れで気温は25℃。気分は(-.-)

ヤギ君たちの冬の食糧確保のため、チモシー、イタリアンライグラスなどの牧草の種を蒔く準備をしています。

昨年は初めてのこともあり、冬場の食糧も牧場内の雑草で大丈夫だと思っていたのですが、すべて枯れてしまったので大変でした😅

厳寒期にも空地で元気に育っているカラスノエンドウなどを見付けては、所有者に許可をもらって刈らしていただき、ヤギ君たちに食べさせ、冬を越すことが出来たのです。

さて今年は、どういうことになりますかね😅

 

DSC_1982DSC_1981

最高(^^)/

みなさん おはようございます。16日、午前6時現在、晴れで気温は22℃。「赤旗」日刊紙の配達を終えて帰って来たところです。気分は(-.-)

町内に住む、友人のOさんからブドウの巨峰をいただきました。

雨が当たらないように、ビニールで屋根をして育てているのだそうです。

摘果はしていないので、スーパーに並んでいるように粒揃いしていませんが、味は最高でした😁

DSCPDC_0001_BURST20190915121

主権在民(^^)/

みなさん おはようございます。14日午前6時現在、曇りで気温は21℃。「赤旗」日曜版の配達を終えて帰ってきたところ です。気分は(-_-)
昨日で、9月議会が閉会しました。どっと疲れが出て、昨夜はぐっすり寝られました(^0_0^)
提案していた「日米地位協定の抜本改定を求める意見書」が、全会一致で採択されました。 以下、紹介します。

 

_DSC8687

日米地位協定の抜本改定を求める意見書

本議会は、米軍機の低空飛行に関し、住民の命と暮らしを守る立場から、過去にも危険な低空飛行訓練の中止を求める意見書を関係機関に提出してきた。しかし、その後の事態は依然として変わりなく、近年においては、オスプレイやⅭ-130輸送機も加わり、公然と危険な低空飛行訓練が繰り返されている。特に、本町を含む海部郡上空は、米軍によりオレンジルートと呼ばれる訓練空域に指定され、低空飛行訓練が集中して行われている。
航空法により、航空機の市街地上空での飛行については300m以上、それ以外では150m以上と定められており、1999年の日米合同委員会において米側もその安全高度を守ることに合意している。しかし現実は、轟音とともに超低空で飛行する米軍機が本町だけではなく、オレンジルート下の自治体で度々目撃されており、住民から不安の声が寄せられている。
このような中、全国知事会は、昨年7月に「米軍基地負担に関する提言」をまとめ、4項目の要望事項として政府に提出している。そして、その⑵で、「日米地位協定を抜本的に見直し、航空法や環境法令などの国内法を原則として米軍にも適用させる」ことを求めている。この要望は、本議会が以前から政府に求めて来たものと同趣旨である。
よって本議会は、国内法を無視した超低空での飛行訓練の中止を米軍に求めるよう国に要望するとともに、全国知事会からの要望事項の具体化を速やかに進めるよう強く要望する。
以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
令和 元年9月13日
徳島県海部郡牟岐町議会
提出先
内閣総理大臣 総務大臣 外務大臣 防衛大臣 衆院議長

9月議会 閉会

9月議会(10日開会)が閉会しました。今議会、以前から主張していた、休会後、議会再開まで2日間空けるようになりました。

今回、若い議員2人が一般質問をしなかったので、比較的早く終わりました。

一般質問には5人が立ち、子育て支援、地籍調査、高校生の旅費、宿泊費の助成などが取り上げました。

私は、磯焼け対策、会計年度任用職員制度導入について質問させていただきました。質問原稿を紹介させていただきます。また、提案していた、「日米地位協定の抜本改定を求める意見書」が、全会一致で採択されました。

 

2点について質問させていただきます。最初に牟岐町漁業の再生を願う立場から磯焼け対策についてお伺いいたします。
徳島県農林水産統計 年報によりますと、県下での漁獲量は減る一方であります。同じく、漁業就業者についても減少傾向が止まりません。本町漁協関係者にいただいた資料によれば、本町におきましても漁獲量は1075年(昭和50年)頃をピークに減少傾向でありますし、それに比例して水揚げ金額も減少しています。ピーク時に比べると漁獲量では7分の1、水揚げ額も5分の1ほどに落ち込んでしまっています。その原因の一つとして広く拡がる磯焼けが考えられます。もちろんこの磯焼けというのは、本町沿岸だけではなく全国各地で観られる現象であります。
地上では、太陽エネルギーと二酸化炭素で光合成を行い、土壌から養分を吸収し草木が生育しています。同じく海水中においてもほぼ同じ仕組みで岩礁に海藻が育つというのが当たり前の状態であったわけでありますが、いまそうではない状況が広がっているわけであります。

藻場は、トコブシやアワビなどの貝のえさ場、魚類の産卵場所として、また、稚魚の隠れ場などとして、海の生き物にとっては大切な役割を果たす場所であります。しかし、近年これが無くなりつつあるという事ですから、漁業に与える影響は大きいという事になります。
その磯焼けの原因として、一般的には、海水温度の上昇、海水の汚濁、海水中のNやPなどの栄養塩の不足、ウニやアイゴなどの食害生物の増加などが言われております。ただそれは、場所により原因がハッキリしていることもありますが、様々のことが複雑に絡み合っていることが多く、その原因を特定するのは難しいようです。そして、その状況も日々変化しています。したがって、その対策も当然容易ではないということであります。
しかし、この問題を解決することなく、豊かな海を取り戻すことは出来ないし、牟岐町漁業の再生はないわけでありますので、粘り強く取り組んでいく必要があります。
すでに本町におきましては、漁師の方々が、「牟岐の藻場を守る会」を組織し、保全活動をしておりますし、ウニの駆除、新たな藻場確保のため岩礁の投入など様々な対策を講じてまいりました。   そして、今回の補正予算においても新たな取り組みが計画されているということであります。
そこでお伺いいたします。本町沿岸における磯焼けはどのような状況なのか、その認識についてまず最初にお伺いいたします。
次に、先ほども述べましたように、本町としても、磯焼け対策については、様々な取り組みをされて来たと思いますが、その成果はどうなのかお伺いいたします。
次に、河川から海に流れ出す水の貧栄養化がこの磯焼けの原因の一つになっているのではないかと言う声があります。海藻は、先ほども述べましたように、地上の草木と同じように、太陽光を利用し、海水中のNPK(窒素・リン酸・カリウ)などの栄養塩を吸収し、生長します。したがって、海に流れ出す水に必要な養分が含まれていなければ、海藻を含め海の生き物に良くない影響を与えることはありうることです。一般的には、河川から流れ出す水に含まれる栄養を吸収して繁殖した植物性プランクトンを動物性プランクトンが食べ、それを小魚が餌とし、さらに大きな魚がそれを食するという自然のサイクルが出来ています。このサイクルがうまく回っていれば問題がないわけでありますが、このサイクルに狂いが生じているのが現在の状況ではないでしょうか。
高度経済成長期、瀬戸内海沿岸の工業の発展、人口の増加などで、工業廃水、家庭排水が原因となり赤潮が度々発生し、養殖魚や天然の魚介類が大量死したことがありました。その対策として1979(秋和54)年「瀬戸内海環境保全特別措置法」が制定され、工場や家庭排水が厳しく規制されました。その結果として、きれいな海を取り戻すことが出来たのですが、その一方で、海水中の栄養塩が少なくなりすぎ、様々な弊害も出てまいりました。プランクトンを食べるアサリの漁獲量が激減したのは、海水の貧栄養化が一因ではないと言われておりますし、海水中のN不足がワカメやノリの色落ち、品質低下につながっていることが明らかになっております。
今述べたように、河川から流れ出す水は、海の生き物にとって大事な役割を果たしています。以前、水道課長から本町の水道水は上質だと伺ったことがあります。ただ、飲み水として上質なのは、人間にとっては良いことですが、海の生き物にとっては、それが良いとは限らないという事であります。
ご存知だと思いますが、2013年(平成25年4月)より現在の名前に改称していますが、美波町に徳島県立農林水産総合技術支援センター 水産研究課があります。以前は、水産試験場と言っておりましたが、ここが、長年にわたり海水の調査・研究をしておりまして、海部郡沿岸におきましても時期によっては海水中の栄養塩濃度が極めて低い値になっていること、また、40年近いデーターから長期的な高低を繰り返しながらも平均水温は徐々に上昇し、この40年間で1,0℃上昇していることを明らかにしております。さらに、海水中のNやプランクトンの減少と関係あるようですが、海水の透明度は上昇傾向になって来ているようです。このように長期間にわたるデーターを蓄積し、その分析から磯焼け対策として有効な対策についてのヒントを私たちに提供して下さっております。
磯焼けの原因となる海水温度が上昇していることがハッキリしましたので、単に磯焼け対策としてだけではなく、いろんな意味での地球温暖化対策は、小さな自治体といえども今後も取り組みを強化・継続する必要がありますし、磯焼け対策として出来ることはすべてやるべきだと考えます。
とにかく、磯焼け対策を講じる場合、科学的根拠に基づく対策が大切です。牟岐町沿岸に流れ込む河川からの水の水質が、磯焼けにも少なからず影響を与えることは確かなことであり、実態を調査し、データーを蓄積して行くことは今後の対策を講じるうえでも大変重要だと考えます。
そこでお伺いいたします。長年、海水の様々な調査研究をしている水産研究課も、海に流れ込む水の水質の大事さは十分認識しているものの、お話を伺うと河川からの水の調査はしていないとのことです。
この際、有効な対策を講じるためにも定期的に河川を流れる水の調査をし、データーを蓄積し、有効な磯焼け対策を講じられるようにすべきだと思いますが、どのようにお考えなのかお伺いいたします。
次に、今の質問とも関連しますが、磯焼け対策として本町も含め、全国で様々な取り組みがされております。河川の水質改善のため、漁師のみなさんが中心になり広葉樹の植樹を続けている所もありますし、プランクトンが栄養を吸収するときに必要な鉄分が不足しているとし、製鉄するときの副産物である鉄鋼スラグと腐葉土を混ぜて海岸ぶちに埋め、藻場の再生に成功している例もあるようです。水質の調査と合わせ、このような研究もしてはと思いますが、どのようにお考えなのかお伺いし、次の質問に移ります。

次に、会計年度任用職員制度導入についてお伺いいたします。
2017年6月議会において、臨時や非正規と呼ばれる臨時的任用職員の待遇改善について質問させていただいたことがありました。それは、全体の奉仕者の一員として働いているにもかかわらず、あまりにも待遇が悪すぎるのではないかという事で改善を求める内容でありました。その当時33名の方が臨時職員として働いており、そのうち20名が2年以上働いているとのことでした。おそらく現在においても同じような状況が続いていると思います。
牟岐町職員定数条例では、106人となっていますが、9月1日現在の正職員の数は、75名となっており、仕事が複雑で多様化していると言われるなか、職員にはかなりの負担をかけていると思われますし、今や、臨時的任用職員と言われる職員なしには役場の仕事が成り立たないという状況になっています。しかし、その待遇はあまりにも劣悪な状況におかれているのではないでしょうか。安い労働力確保、経費節減という観点だけでは、役場の役割は果たせません。
総務省が言うように、来年4月1日施行の法改正で、待遇が少しでも改善されれば良いと思っているのですが実際どうなるのか、まだ、未確定の部分が多いと思いますが、確認の意味で質問させていただきます。
最初に、改めてお聞きしますが、現時点における正規職員と非正規職員数は何名ですか。
次に、現在、非正規職員で労働時間が週38時間45分未満の職員、以上の職員数は何名ですか。
次に、来年度、会計年度任用職員は何名を予定していますか。また、フルタイム・パートタイム任用職員数の内訳はどうなるのですか。
最後に、フルタイム職員、パートタイム職員の期末手当、退職手当などの待遇の違いはどうなるのかをお伺いして質問を終わります。

_DSC9358

 

 

 

日米地位協定の抜本改定を求める意見書(案)

本議会は、米軍機の低空飛行に関し、住民の命と暮らしを守る立場から、過去にも危険な低空飛行訓練の中止を求める意見書を関係機関に提出してきた。しかし、その後の事態は依然として変わりなく、近年においては、オスプレイやⅭ-130輸送機も加わり、公然と危険な低空飛行訓練が繰り返されている。特に、本町を含む海部郡上空は、米軍によりオレンジルートと呼ばれる訓練空域に指定され、低空飛行訓練が集中して行われている。
航空法により、航空機の市街地上空での飛行については300m以上、それ以外では150m以上と定められており、1999年の日米合同委員会において米側もその安全高度を守ることに合意している。しかし現実は、轟音とともに超低空で飛行する米軍機が本町だけではなく、オレンジルート下の自治体で度々目撃されており、住民から不安の声が寄せられている。
このような中、全国知事会は、昨年7月に「米軍基地負担に関する提言」をまとめ、4項目の要望事項として政府に提出している。そして、その⑵で、「日米地位協定を抜本的に見直し、航空法や環境法令などの国内法を原則として米軍にも適用させる」ことを求めている。この要望は、本議会が以前から政府に求めて来たものと同趣旨である。
よって本議会は、国内法を無視した超低空での飛行訓練の中止を米軍に求めるよう国に要望するとともに、全国知事会からの要望事項の具体化を速やかに進めるよう強く要望する。
以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
令和 元年9月10日

徳島県海部郡牟岐町議会

提出先
内閣総理大臣 総務大臣 外務大臣 防衛大臣 衆院議長
参院議長