島根県美郷町に視察研修に行ってきました

 

海部郡鳥獣被害対策協議会が、イノシシ、シカなど野生獣の有効利用が出来ないかと、美郷町の食肉処理・加工施設の視察に出掛けました

参加者は、海部郡内の猟友会員、農協、行政関係者など25名です

 

 

島根県に入り、日本海が見え始めました

太平洋と違って、海の色が黒っぽく見えます

 

 

 

 

 

美郷町役場玄関で

左側は、牟岐町農業委員会会長の大谷氏です

 

 

 

産業振興課の課長と担当職員に対応していただきました

捕獲檻での捕獲がほとんどで、品質保持のため、生きたまま処理場に運び込みます

獣医師による検査は必要がないそうで、内臓などは、ペットフード、堆肥などに利用しています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イノシシの食肉処理・加工場  

意外と小さく感じますが、ここで年間600頭を越えるイノシシが処理されています

 

道の駅で、「おおちの山くじら」として売られていました。500グラム、3300円でした

他に猪肉コロッケ、角煮、猪まんなどとして販売  学校給食にも使用されています

海部郡においても、イノシシ、シカなどの被害が広がる一方、猟友会員の高齢化・減少が深刻になりつつあり、有効な対策が求められています

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中