牟岐町立モラスコむぎ 新装オープン

 

「モラスコむぎ」内にある「漁師の水族館」がリニューアルオープンし、無料招待(牟岐町民のみ)されましたので、さっそく行って来ました。 

「漁師の水族館」の入り口に展示されている世界最大のカニ、タカアシガ二。

はさみを拡げると4メートル以上の大きさに成長するそうですよ。子どもたちの「スゲェ~」って歓声が聞こえました。

 

直径3メートルのプールにアオウミガメの子ガメが3匹泳いでいます

私の小さい頃には、産卵のために上陸してきたウミガメが良く見られたものですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもたちがザリガニつりを楽しんでいます

 

 

 

 

 

 

サンゴを食い荒らすオニヒトデ

千年サンゴがある大島付近にも大繁殖し、漁師やダイバーが駆除しています

 

 

 

 

 

アメリカカブトガニ

甲羅の裏側なんて見た人は少ないのではないでしょうか

意外に足が長いんですよ 

   

今回、10種、70点を追加しましたので、全体では68種、170点の展示になりました。

5月の連休には、子どもさん、孫さんと一緒に見学に来られてはどうでしょうか。きっと、喜ばれると思いますよ。

牟岐町灘下浜辺にある「モラスコむぎ」

世界中から集めた貝や化石の標本2000種、6000点を展示する「貝の資料館」と、地元の川や海に住む生物を展示する「漁師さんの水族館」があります。

営業時間 9:00~16:30 

月曜休館・祝日は翌日休館

TEL 0884-72-2520

高校生以上 400円、小中学生300円

 

牟岐町立モラスコむぎ 新装オープン」への5件のフィードバック

  1. こんにちは^^モラスコ牟岐は、初めて出来た頃、よく行きました。世界の貝殻の展示が、圧巻で感動したのを覚えています。それから何年かして、再び訪れたときは、ずいぶん貝殻の展示が減っていてがっかりしました。リニューアルしたということでしたら、また見に行ってみたいものです。

  2. 今晩は。モラスコ牟岐、わたしも開所当初オウムガイを観に夫婦で行きました。またそれがきっかけで牟岐を何度も訪れるようになりました。あ、それと日和佐(現美波町)の千羽海岸のグラスボートにも乗ったことがありました。その時の海の中の幻想的できれいな様子は今での覚えていますよ。新装オープンならまた行ってみようかなぁ~

  3. 名前なしさんへしばらく行っていなかったのですが、せっかくのお誘いでしたので久々に行って来ました。漁師さんたちの協力を得て、徐々に内容を充実させているようです。機会があれば是非おいでください。 宍喰のグラスボートには乗ったことはあるのですが、日和佐のには乗ったことはないですね。聞いたことがないんだけど、今でもやっているのかな? 一度調べてみます。

  4. ことさんへ温暖化の影響か、海の様子が変わってしまって、今まで見られなかったような魚や貝が発見されるようになってきているようで、漁師さんたちも初めて見るようなものも展示されているようですよ。是非、またおいでください。

  5. こんにちは、上田誠です。名前無しになっていました。すいません。そうです、たしかグラスボート宍喰だったと思います。旧町名でいうと由岐、日和佐・牟岐、宍喰、海部、海南のあたりをうろうろしていて若い頃は名前もわからず地図を頼りにあちこちへ出没していたのですがなんせもう20年以上前のことですので・・・。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中