食と農業の再生を考えるつどいを開催します

 

 農業の再生は、国民的な課題になっており、何も日本共産党の主催でなくてもと農協などと相談していましたが、時間的なこともあり、今回は日本共産党牟岐町委員会の主催で開催することになりました。

 時間が限られているので、大急ぎで案内のチラシをつくりました。

パネラーは、かいふ農協常務理事、牟岐町農業委員会会長、牟岐町消費者協会会長、日本共産党の笹岡優氏が引き受けてくださいました。

来賓には、かいふ農協組合長、牟岐町長に要請をしています。

「この機械が壊れたら百姓をやめる」「百姓も俺の代で終わりだ」との言葉に象徴されるように、農業はいま大変な状況になっています。この「つどい」が、地域農業再生に少しでも役立てばと思い計画しました。

明日から、宣伝にフル回転です。

食と農業の再生を考えるつどいを開催します」への4件のフィードバック

  1. 藤元さん つどいのビラ良く出来ていると思います。時間もありませんので、みんなで参加者への呼びかけをし、食の安全と農業の再生を両立させる方策を探りあいたいと思います。 牟岐 T.H

  2. 今晩は、今日議会が開会しましたがひとつだけ至急お知らせします。先日牟岐町議会で採択された北朝鮮の地下核実験への抗議についてですが松茂町でも議運でこの件が話題となったそうで今日の全員協議会で取り上げられ全会一致で議会最終日に採択される予定になりました。またこれを県議会と同様に麻生首相、衆参両院議長、関係省庁の大臣などを相手先として提出することにもなりました。また少し体調が悪くなっていますが一般質問が9日(火曜日なので)明日、明後日は休養します。取り急ぎお知らせいたします。それでは失礼います。

  3. 上田さんへ意見書にすると色々意見があるだろうと思い、抗議決議にしました。とにかく、抗議の声を大きくしていくというのは大事なことだと思います。もっともっとひろがれば良いですね。 体調を整えて本番頑張ってください。

  4. T.Hさんへほんとうに農業や漁業の再生に本腰をいれないと地域経済は大変なことになってしまいますよね。「つどい」を開いたからといってすぐにどうこうなるものではないけれど、一歩でも前にすすむ切っ掛けになればと思っています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中