最後の訴え

 

長かったような、短かったような選挙戦。10日、最後の訴えを牟岐駅前で行った。

ある党員は、脳梗塞で半身が不自由になったが、リハビリになるとビラ折りをしたり、ゆっくり歩きながらのビラ配り。また、ある党員は、腰痛で歩くのが大変なため運転手を引き受けてくれた。いずれも、日本の政治を少しでも良くしようとの思いからだ。

写真には写っていないが、もう一人参加している。最初で最後の駅立ちだったが、今回の選挙では、猛暑の中、ビラ配布で奮闘した。

駅前での街宣は、今回で3回目だが、毎回、見知らぬ人が手を振って激励してくれる。わざわざ近くまで来てくださって、「消費税の増税は困る 共産党頑張って」と声をかけてくださった方も。

女性の方が、「藤元さん頑張って」と気安く声をかけてくださったが、名前を知らない。顔は知っているのだが、今更、「どちら様ですか」とも聞けない。こんな時困る。

とにかく、今度の選挙で日本の政治が良い方向に向かう糸口でも見い出せればと思うのだが・・・

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中