牟岐町農業委員会がTPP参加検討撤回を求める要請書を提出

昨年12月の牟岐町農業委員会でTPP参加検討撤回を求める決議を採択したが、事務局から政府に提出したとの通知が届いた。

それにしても菅総理、年明けのテレビ放送で「TPP参加」、「消費税増税」に政治生命をかけるとか。

何でそんなことに頑張らないといけないかな~他に頑張らなければならないことがあるだろうに。

普天間基地の辺野古への移転にしても、沖縄の意志は固く、実現不可能なのに、アメリカの機嫌を伺いながら、アメとムチでいろいろ工作をしているようだ。財界とアメリカのご機嫌を伺いながらの政治は、自公政権が長年続けてきた政治と同じ。この間の国会では、自公の議員が、政府を激しく責め立てていたが、良く聞いてみると政策論争ではなく、「遅い」とか、「はっきりしろ」とか、結局、政策的には違いがないものだから、口汚く罵るしかなかったのだろう。

また、日本の大新聞が、こぞって「TPP参加」「消費税増税」を賛美するかのような報道姿勢は異常ではないのか。少し前は、「改革、改革」と小泉ブームをつくりだしたし、この頃では、「自民か民主か」と、世論を誘導する。過去の大政翼賛会を見ているような気がする。

憲法には、「主権在民」と記されている。政府は、国民のために政治をしなければならない筈だ。「主権アメリカ・財界」では困るのだ。

牟岐町農業委員会がTPP参加検討撤回を求める要請書を提出」への2件のフィードバック

  1. 雅さんこんばんは。お元気でいらっしゃいましたでしょうか。
    景気が良くなっても末端の国民は殆ど恩恵を受けないのに消費税UPやなんて酷いですよね。
    先日BS放送でTPPについての番組をやっていましたが番組に参加していたアメリカを含め外国の有識者の推測ではやはり農業・一次産業においては不利だと言っていました。
    報道機関マジックも気になります。

    ※来月宍喰で寒茶の茶摘み体験会が催される様ですね。
    担い手育成にも繋げていく様ですが。

    • 時間が許せば来て見たらどうですか。2月11日、宍喰駅(鉄道の駅)に9時45分までに集合して、10時07分発のバスで現地に出発するようです。帰りは、6時21分、駅着のバスで帰ってくるようです。費用は、バス代1360円です。なお、別途料金が要りますが、宿泊先の紹介はするとのことです。連絡先080-6392-3015 がけっぷち隊事務局

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中