「民報むぎ」を配布しています

「民報むぎ 89号」が出来上がり配布をはじめています。なるべく字を少なく簡潔にし、読みやすくするよう努めましたが、結果的には、字がぎっしり詰まった中身になってしまいました。伝えたいことがいっぱいあるからね。あんまり溜めないよう、ちょこちょこ発行していればこんなことにはならないんだけど、なかなか労力と時間ががかかって大変なんです。そんな言い訳をしても仕方がないか。とにかく多くの人に読んでもらいたい中身になっています。冷や汗が出る人もいるだろうけど・・・

ネット情報が役立ちました

 町内に住むMさんの肉親が、今回の震災で行方不明になり、元気を失くしているということを聞き、さっそく事情を聴きに伺った。聞けば、石巻市に住む弟さんとの連絡がとれない状況になっているとの事でした。Mさんとは、しばらく会っていなかったが、心労のせいか、少しやせている感じがした。さっそく、名前、住所、年齢などを聞き、町の担当者を通じ県の方に連絡をとってもらった。現場は混乱していて、すぐには結果は出ないだろうが、少しずつは復興も進んでいるだろうから、もしかしたら何らかの情報があるかもしれない。

他に、何か情報がないかネットで調べてみようと何気なく日本共産党中央委員会のホームページを開いてみた。良く目立つ所に東日本大震災の情報ページという所があり、そこをクリックすると「人探し用伝言版」という欄があった。試しに、Mさんから聞いた弟さんの名前を入力してみた。ところがである。なんとMさんの弟さんの情報が入力されていたのである。残念ながら、無事という内容ではないが、弟さんの隣に住んでいる方からの入力で、その方本人のお母さんは、死体安置所で発見したが、弟さんの安否は不明で、無事を祈っていますとの内容だった。良い内容だったら良かったのにと思いながら、Mさんには、そのまま伝えてきた。

コンメ、サクランボ、ビワが豊作の予感

我家の庭に植えてあるコンメ、サクランボ、ビワ。今年は、豊作になるかも。コンメ、サクランボは、花が一杯咲き、すでに少し実が大きくなり始めています。ビワは、昨年思い切って整枝したせいか、樹全体としては小ぶりになったけど、たくさんの実を付けています。少し摘果しないといけないかな。

牟岐で、またまた火事が

美波町から帰ってきた10時20分頃だろうか、火事を知らせるサイレンが。え~ また火事?  防災無線からは「喜来コミュニティーセンター付近で山火事が・・・」と放送される。あわてて服を着替え、軽トラに飛び乗り、突っ走る。途中で、消火に使えるかもしれないと椿の枝をいただく。

やっと現場付近に到着したが、煙が見えない。あれ~ もう消えたんやろか、現場は何処だろうなどと思いながら、消防車について行ったが、ぼつぼつ帰っている人がいる。聞いてみたら、もう消えたとの事だった。やれやれ、風が強いから山にでも燃え移ったら大変なことになるところだった。

どうやら、今回も田んぼの畦焼きをしていたらしい。火が大きくなって、あわてて消防に電話をしたのかもしれない。火事といったら良いのかどうかは分からないけれど、とにかく大事にならなくて良かった。

18日、牟岐小学校の卒業式に出席しました

何時ものように、少し大きめのハンカチを用意して出席しました。この頃、どうも涙もろくなって、子どもたちが眼を真っ赤にして泣いているのを見ると、こちらも我慢できなくなってしまうので、ハンカチは絶対忘れられないんです。

 今年度の卒業生は26名。それにしても少なくなったものです。多かった頃に比べれば10分の1位に減っていると思います。

校長先生の式辞 「感謝と反省には、卒業は無い」「自分と周りの人を大事にし、夢をもって頑張ってください」   良い言葉ですね。すばらしい言葉を卒業生に送っていただき、感謝したいです。

在校生は、卒業生に対する感謝の気持ちをみんなで。卒業生は、6年間の思い出と決意、先生とお父さん、お母さんに感謝の言葉が。

毎年のことだけど、卒業式に出席させていただき、元気な子どもたちを見ていると、心が洗われるような気がします。60歳のオッサンだけど、すがすがしく、若返った気分になりました。子どもたちに感謝です。

初孫の写真が送られてきました

埼玉の次男から、初孫の写真が送られてきた。昨年の6月に生まれたから、今月で9ヶ月になった。ハイハイができるようになって、後退と回転ができるようになったが、まだ前進はできないようだ。お座りはできるし、小さい物もつまめるようになってきて、何でも口に入れるのだそうだ。

ずいぶん大きくなってきたけど、少々気になるのが団子鼻。藤元家の遺伝子が影響してしまったようだ。ゴメンね、なっちゃん。

連日、東日本大震災関連の 報道を見ているせいか、この頃、津波の惨状が夢にでてくるようになった。宮城の親戚とは依然として連絡が取れない。近くだったら、お手伝いできることもあるだろうけど、少々の募金ぐらいしかすることができない。たくさんの方が亡くなり、たくさんの方が、今現在も大変な生活を強いられているというのに、何のお手伝いもできなくて申し訳ない気持ちでいっぱいだ。

そんなことで、気分が滅入っていたが、なっちゃんの写真で少々気分転換ができた。この夏には、初めてのご対面ということになる。

いや~ 大変なことになりました

昨日は、会議があり徳島市に出かけていたが、藍住町に住む長男から珍しく電話があり、牟岐町に避難指示が出ていることを初めて知った。あわてて牟岐に帰り、港付近を観にいったが、別に変わった様子は見られなかった。後から聞いた話だが、一時は、避難所に避難していた人がいたそうだったし、娘が勤める会社も、早めに仕事を終えたそうだ。港付近の知人に電話して聞いてみたら、一時は、津波を避けるため船を沖に出していたとのことだった。とにかく大きな被害がなくて良かった。

気になって、宮城の親戚、岩手の友人に電話した。どちらも、電話が通じない。埼玉の次男のことも気になり、電話した。1回目は通じず、2回目にやっと通じた。帰宅中だが、渋滞で車が動かず、まだ車の中に居るということだった。

今朝、岩手の友人にやっと電話がつながった。彼は、内陸部のほうなので被害は少ないが、海岸部は大変なことになっているようだと話していた。と言うのも、停電が続いており、携帯ラジオでしか情報が入ってこない状況だから、詳しいことは分からないのだそうだ。断水も続いているようだ。宮城の親戚は、まだつながらない。

気になるのが福島の原発だ。放射能漏れで避難範囲を広げたようだ。大きな被害にならなければ良いけど・・・・

内妻川を観に行ってきた。海は静かだし、操業している漁船もあり、何時もの風景のようだが、やはり津波の兆候は少々あるようだ。 普段と潮の流れが違う。

3月議会が終わりました

今期、最後の議会が終わりました。何時もの事だけど、終わったらドッと疲れが出てきます。たいした事もやってないのにね。若い頃は、忙しくても徹夜して何とか議会の準備をしたものだけど、この頃は、とても徹夜なんて出来なくなってしまいました。ただ、歳のせいか、朝早く目が覚めるので、今朝も焦りながら、最後の準備をしました。 12年間も、良くこんな生活をやってきたものです。

今議会は、当初予算を審議する大事な議会でしたが、町長も議員も、この議会が任期最後の議会だということで、何時もと違う雰囲気の漂う議会になりました。傍聴者も何時もと違って多かったです。町長、町議予定候補者の方も傍聴に来ていました。

一般質問には、4人が立ち、電子黒板、電子教科書の導入、健康管理センターの運営、過疎化対策などについての質問がありました。私は、本町の振興策、授業中の事故防止、大型共同作業の今後について質問しました。質問原稿よりご紹介します。

3点について質問いたします。

最初に、本町の振興策についてであります。昼間、町内を歩いても、人の姿が余り見えない。見えてもほとんどがお年寄り。若者は、学校を卒業すれば、そのほとんどが町外、県外に出て行く。町民のみなさんからは、「漁がない、あっても安い。燃料代さえ出ないから漁に出ない」「米の価格が昨年より1俵1000円も下がった。トラクターが壊れても、もう買えない」「山はあるけどほってある」「勤めていた会社が閉鎖になった。どこか仕事がないだろか」 こんな声が聞こえてきます。これが現在、町民のみなさんのおかれている状況でございますし、本町の現実であります。もちろん、町長をはじめ職員のみなさんも仕事をする中で、本町の現実というものは、肌で感じられており、事態打開のための努力をしていただいていると思います。しかしそれは、到底行政だけでは出来ることではありません。

本年から平成32年度までの本町総合計画の中でも、「積極性あふれる町民力を活かし、町民と行政との協働体制の確立」と書かれております。今こそ、町民のみなさんの知恵と力を結集し、事態の打開のための努力が必要な時期ではないでしょうか。本町には、お年寄りの方が沢山おいでます。人生経験の豊富な知恵と力を持った方々が沢山おいでるという事であります。長年商売をされてきた方もおいでるでありましょうし、農林水産業に係わってきた方、行政関係の仕事に係わってきた方、教育関係の仕事に係わってきた方等などであります。この方々の知恵と力を活かす仕組みを早急につくる必要があるのではないでしょうか。

実は、この質問については、以前にもさせていただきました。前町長時代、平成19年3月議会において、町民のみなさんの知恵と力を活かす仕組みをつくるべきだということで、仮称ですが、「産業別振興推進協議会」の創設を求めました。前町長からは、「私も賛成です。出来たら産業別の研究会を作るのとあわせて異業種間の協議会を重ねて行ったら、みなさんのやりがいもうまれるのではないか」との趣旨の答弁がありました。その後、現町長、大神町長に交代したわけですが、町長就任後初めての議会である平成19年6月議会において、所信表明に本町の産業振興の話がなかったことを指摘した上で同趣旨の質問をさせていただきました。町長からは、「就任まもないことであるので、今ここでというようなことは勘弁してほしい」との答弁でありました。あれから4年がたちました。この4年間、町長は、町長なりに、研究もし、努力をされてきたと思います。しかし、現実をみれば、取組まなければならない課題が山積していることを認識せざるを得ない状況だと思います。

そこでお伺いいたします。牟岐町の振興策というと、範囲があまりにも広くなってしまいますので、牟岐町に住みたいと思う人が、とにかく仕事があり、それで生活が出来る。そんな状況をつくらなければならないという思いでお伺いいたしますが、現状を少しでも改善するために、町民のみなさんの知恵と力を活かす仕組みをつくる必要があるのではないかということであります。仮称ですが、産業別振興協議会、特産品開発協議会を上げさせていただきました。名前にはこだわりませんが、とにかく本町に潜在している町民のみなさんの知恵と力を結集し、行政との協働の力で、現状を打開しようではないかということであります。町長の見解をお伺いいたします。

つぎに、住宅リフォーム助成制度の創設についてであります。本町の振興は、これを一つやれば解決するという特効薬があるものではありません。いろんなことの積み上げで、はじめて結果が出てくるものだと思います。そこで、その一つとして提案したいのが住宅リフォーム制度の創設であります。この制度は、住宅をリフォームしたい住民に自治体が一定額を補助するという制度でありまして、県内でも石井町やつるぎ町のように既に取組んでいる自治体もありますし、制度を創設する自治体が、現在、県内でも全国でもひろがりつつあります。上板・北島町では、この3月議会に提案されるそうですが、町内業者で施工する場合に限り1件当たり20万円を上限に、上板町が工事費の30%、北島町が20%を助成する制度を創設するそうであります。予算の何倍ものお金が動くことになり、地域経済の活性化と雇用の機会が増えることを期待してのことであります。本町では、昨年暮れより、町が500万円助成し、商工会が中心になりニコニコ商品券の販売を行いました。結果はどうなったのか、まだその報告はありませんが、おそらく、あの事業よりは、経済効果が大きいのではないかと思われます。ぜひ、検討すべきだと考えますが、見解をお伺いいたします。

次の質問に移ります。

授業中の事故防止についてであります。ご承知のように学習指導要領の改訂により、2012年度より、中学校においても柔道や剣道が武道として必修化されます。柔道にしても、剣道にしてもスポーツとして全世界に広がっている時代に、「格技」を何故「武道」にしたのか理解に苦しむところがありますが、とにかく2012年度から中学校でも武道を教えることになります。まだ1年先の話ではありますが、準備もしなくてはならないでありましょうし、予算を伴うこともあるかと思いますので、町長、教育長にお伺いいたします。

柔道自体は、「礼に始まり礼に終わる」と言われるように、「礼法」を重視するスポーツでありますし、「精力善用」「自他共栄」などの教えは、是非、多くの子どもたちに学んでいただきたいと思いますが、柔道の必修化にあたって特に気になるのが柔道の授業中の事故についてであります。保健体育の時間にどれだけ柔道の授業に使うのか、あるいは何処でするのかなどは、まだ決まっていないかもしれませんが、とにかく他のスポーツに比べ柔道をやっていての事故が、突出して多いことに留意する必要があると思います。ある調査によりますと、1983年から2009年までの27年間で、学校管理下で110人の子どもが命を落とし、脳障害をはじめ何らかの後遺症が残る事故が261件起こっています。年間4人の子どもが亡くなり、10人の子どもが障害の残る事故にあっているということであります。学校で行われている他のスポーツでは考えられない数字ではないでしょうか。しかも、この調査は、民間の道場での事故は含まれておりませんので、実際の事故はもっと多いということになります。もちろん文科省のほうからもその点についての指導等あろうかと思いますが、いまのまま、柔道が必修化されれば、事故がもっと増えるのではないかと心配されているわけであります。

何故事故が多いのでしょうか。他のスポーツと違って、直接組み合い、投げたり押さえ込んだりする柔道特有の動作に起因していることが多いかと思いますが、同調査によりますと、死亡事故は、中学生で1年生が54,1%。高校生は1年生が63,0%であります。つまり初心者の事故が多いということであります。したがって、授業は、急がず基礎練習を十分やってから次に進むということを教師には徹底しなければならないと言うことになります。また、日本ラグビー協会では、脳震盪を起こした場合、少なくとも3週間は、試合や練習をしてはならないとのルールがあるそうですが、そのような安全ルールを教師、子どもたち、保護者にも徹底する必要があります。さらに、安全に柔道を学んでもらうために、設備の充実も重要です。わたくしごとですが、もう5,6年前になるかと思いますが、畳を固定する器具が無く、ずれた畳の間に足が入り、アキレス腱が切れてしまったことがありました。激しいスポーツであるだけに、設備には万全を期さなければなりません。   

 学校での柔道練習中の事故で教師が訴えられるということが時々ニュースになっています。教師に過失があったかどうかは別にして、もし、こんな問題になりますと、教師と子ども・保護者間に不信感が生まれ教育そのものが成り立たなってしまいます。

本町は、小学校を中学校敷地内に移転統合し、小中一貫教育のスタートラインに立とうとしています。こんな時に柔道での事故でつまずくようなことがあってはなりません。指導者の確保・養成。用具の整備等、十分な準備が必要だと思いますが、どのような認識でおられるかお伺いいたします。

次の質問に移ります。

大型共同作業所の今後についてであります。この問題については、平成20年3月議会と6月議会で取上げさせていただきました。3月議会では、有限会社叶繊維の本店とされる横瀬の吉野測量設計事務所のすぐ近くの牟岐町大字河内字1755番地37という土地は地目が山林であり、現況も山林であるということ。そして、その土地は抵当権が設定されていて、抵当権者は牟岐町であること。さらに取締役の住所とされる土地、建物は、徳島信用保証協会に差し押さえられていることを独自の調査で明らかにし、まともな会社ではないのではないのではないか。実態があるのかということで、作業所については新たな利用方法を考えるべきではないかと質問しましたが、6月議会で町長より、平成20年4月1日から3年間の新たな契約が結ばれたということが明らかになりました。今月末が、3年間の期限であります。契約が切れたあと、今後どうするのかをお聞きして質問を終わります。

 最後の質問に町長は、契約を解除したい旨答弁しましたが、どうなることやら。前回も、けじめある対応をしたいと答弁していましたが、結局、3年間の契約を結んでしまいました。

議会が終わってから、議員のみなさん、一杯会に出かけました。私は、とうとう12年間一度も参加しなかったな~。今の議員の中では、私1人だけだな。別に酒が嫌いだから参加しないのではないんだけどね。 もう、かなり前の話だけど、議会が終わった後での一杯会で、町長と1人の議員が大喧嘩したことがありました。どっちが本番かって言いたいね。

溝ぶしんに参加しました

毎年、3月の第一日曜日は、溝ぶしんの日だと決まっています。溝ぶしんとは、田んぼの用水路の清掃と思っていただければ良いと思います。全体で2キロメートル以上もあるので、関係者全員で田植え前に清掃します。半年以上使用していないので、枯葉や泥などで溝がつまり水が流れなくなっているのです。高齢化、耕作放棄地が増える中、溝ぶしん参加者も少なくなっており、参加者にとっては、大変な重労働です。

朝、8時頃に奥内妻に集合。1キロメートルほど歩いて用水の取り入れ口付近まで行き、溝ぶしんのスタートです。

溝には、半年分の枯枝や枯葉。場所によっては、泥や砂利がぎっしりつまっています。結局終わったのは、2時半。8人が参加しましたが、みんなヘトヘト。「来年は、けっこするやろか~」などと言いながら、解散にしました。明日は、おそらく筋肉痛です。

徳新 読者の手紙欄に

2月28日、徳島新聞 「読者の手紙」欄にTPP参加反対集会について投稿していましたが、本日3月5日、掲載されました。何年か前にも掲載されたことがありますが、その時は、担当者から掲載する旨の電話があったけれど、今回は無かった(留守の時あったのかもしれない)ので没になったと思っていました。 

この欄は、良く読まれているのか、「載ってたね~ 」なんて良く声をかけられました。

少しカットされた部分があるけど、言いたいことは何とか理解していただけるでしょうかね。