海陽町における米軍戦闘機低空飛行実態調査結果を報告させていただきます

 2月9日、海陽町で米軍戦闘機低空飛行実態調査を行っていましたが、本日、調査結果を報告させていただきます。岡山民報編集長 大野智久氏からは、2月23日に調査結果を受け取っていましたが、何故か写真をアップすることが出来ず、本日になってしまいました。遅くなってしまったことをお詫びいたします。

既にこの調査結果をもとに県議会では、古田 美知代県議が、県当局に対応の強化を求めています。

 

米軍機の推定コース図と撮影画像

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海陽町の米軍機飛行高度計算書

                                                                    記

1.            米軍機

F/A-18の大きさ  全長17.07m   幅11.43m 高さ 4.66m

  EA6B の大きさ  全長18.24m   幅16.15m 高さ 4.95m

2.            撮影日時 

F/A-18 2011年11月30日 14時29分51秒~14時35分22秒 17枚

     ( NIKON D90 焦点距離300mm )

  EA-6B 2011年12月20日  10時54分38秒 1枚

 ( NIKON D100 焦点距離300mm )

  F/A-18 2011年12月21日  9時51分21秒~10時23分08秒 19枚

( NIKON D100 焦点距離300mm )

           

3.            撮影条件 

NIKON -D100 CCD 3008×2000ピクセル (23.7㍉×15.6㍉)

ピクセルサイズ 0.00784㍉  (メーカーの公表値から計算)

NIKON- D90   CCD 4288×2848ピクセル (23.6㍉×15.8㍉)

ピクセルサイズ 0.00553㍉  (メーカーの公表値から計算)

  

4.            撮影地点 

①11月30日 海陽町中小路から   カメラの標高 10.679m

②12月20日 海陽町立図書館入り口 カメラの標高  6.878m

    ③12月21日 海陽町中小路から   カメラの標高 10.679m

5. 米軍機までの距離と方位角・仰角、機体の標高   

11月30日

水平距離 方位角

仰 角

機体標高

曲率考慮

画像1717

1778m

202.66

6.45

211.6m

0.5m+

画像1722

2912m

217.57

4.82

256.2m

1.3m+

12月20日

水平距離 方位角 仰 角 機体標高

曲率考慮

画像4951

2581m

310.13

   7.47

345.3m

1.0m+

12月21日

水平距離 方位角 仰 角 機体標高

曲率考慮

画像4956

4339m

237.11

3.67

289.0m

3.0m+

画像4659

4470m

239.6

3.82

309.1m

3.1m+

画像4963

5222m

254.3

3.19

301.7m

4.3m+

画像4967

5729m

261.2

2.98

308.9m

5.1m+

6.       米軍機の推定コースと飛行高度

①    海部川河口付近から進入して、海部小学校や海部中学校の約200m上空を飛行し、海部駅南の山地では、対地高度が約108mだったと推定される。

②    東の海側から約300mの対地高度で進入し、海南病院のすぐ近くを通過したと推定される。

③    宍喰の沖合から、約300mの高度で、機体を真横に倒して進入、高度をほぼ維持して北西に飛行したとみられ、阿佐海岸鉄道付近の山地で、対地高度は約135mだったと推定される。

7. 測量と計算について

大きさがわかっている物体なら、その見かけの大きさ(角度)で距離がわかる。仰ぎ見る角度がわかれば高度と水平距離がわかる。米軍機の機種がわかれば、機体の大きさはわかるので、撮影画像から、飛行姿勢を考慮して、見かけの大きさを補正する。レンズの焦点距離と像の大きさとの比率を求め、カメラから米軍機までの距離を割り出す。

撮影画像に写っている地上の指標物との対比で、撮影画像中の米軍機の座標位置から、米軍機の仰角と方位角を算出する。測量の精度は、1秒(3600分の1度)角。画像の精度は約5秒角。撮影地点と米軍機の位置を、国土地理院の地図に基づいて、地図上に記し、標高差などを求める。

以上

 

 
   

                                                                                                                                                                                                    

 

 

日本共産党四国ブロック事務所、徳島県委員会、徳島県議団を先頭に現地調査し、翌21日に徳島県に低空飛行の中止を申し入れたが、ことし2月9日、撮影画像(昨年11月30日、12月20日、同21日)に基づき、測量調査を実施した。11月30日の場合、米軍機は海部小学校や海部中学校の真上を飛んだ上に、海部駅付近では推定高度108mだったとみられ、航空法「最低安全高度」にも違反する超低空飛行だった。日米合意(1999年)違反は明らかである。

 

 同町住民から、昨年8月から同12月までの画像計80枚が寄せられ、撮影位置と画像中の指標物の測量調査を行なった。日本共産党の笹岡優四国ブロック事務所所長を調査団長とし、大野智久(「岡山民報」編集長)、秋山欣也(秋山測量設計事務所社長)、藤元雅文日本共産党牟岐町議らが参加した。撮影場所をGPS(全地球測位システム)で測量し、地上の指標物について高精度の測量を行なった。飛来したのは米軍のF/A-18ホーネット戦闘攻撃機とEA6B電子戦機プラウラーとみられる。カメラの撮影データーをもとに、米軍機の見かけの大きさで距離を推定、測量と画像解析から方位角と仰角、さらに米軍機の位置と標高を算出した。レンズには収差がないものとし、撮影時刻や焦点距離などは、画像の記録に従った。樹頂部の成長などは無視した。地表面の曲率を考慮して機体の飛行高度を推定した。地図と計算ソフトは国土地理院 のものを利用した。 

測量は秋山欣也、計算・文責は大野智久。

 

         

 

      

 
   


 
   

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中