同級生がアルコールとたたかっています。No .9

川辺秀年
6時間前
アル中になりました No.9  アル中の心
死ぬほど呑みたい! 死ぬほど止めたい!
酒を呑み続けると、違法薬物と同様、依存症になり、酒を止められなくなります。ブレーキの壊れた車と同じでコントロール障害を起こします。同時に心の片隅で、「この状態は変だ。私の人生はこれじゃない。酒を止めたい。」と考えています。
以下、私の経験です。
コンビニで酒一合パックを買います。一パックなのは、これを最後にしようと思うから。呑んで寝て起きたら、又 最後の一パックを買いにコンビニへ。
これではいけないと、心に固く誓って、今度こそホントに最後!と思ったら、最後だからと二パック買います。それを飲んで寝て、起きたら・・・またコンビニへ・・・。キリがありません。出口の無い迷路に迷い込んでいます。
病気だから、意志の力では止められない事が分かっていません。
連続飲酒発作と呼び、お手本の様な立派なアル中です。私も家族も病気であるとの認識はなく、俺は酒豪だ!男は酒だ!と思っていました。同時に心は苦しく、助けてくれ!と叫んでいます。妻の名を呼び、娘の名を呼び、ついには孫の名まで呼んで、助けてくれ~!と叫んでいました。
そして希死念慮(死にたい病)が出て来ます。二階の窓から頭を下にして跳んだら死ねるかな~、等と。それが1ヶ月も2ヶ月も続きます。妻も私も生き地獄です。
多くの断酒家は、過去に自殺を試みて失敗しています。中には成功した人もいます。数十人しか会員がいない、ある自助会では、年間3人の自殺者が出た事もあります。依存症は、常に死と隣り合わせです。
以前、ある町民が行方不明になり、消防団員だった私は捜索に参加して、自殺現場に遭遇しました。足元にウイスキーの空瓶が転がっていました。
ご家族が説明していた、「身体の不調を苦にしていた。」を信じて、それで自殺する為に、酒を飲んだのかと、捜索者全員が思っていました。
逆だった!と気付いたのは、私自身がアル中になってからです。依存症になって体調が悪くなり、更に心の苦しみが生き地獄に達した果ての自殺だったと。
酒と自殺は仲良しです。
「酒とウツと自殺は死のトライアングル」と呼ばれています。
アル中になった人は全員、自分がそうなるとは思っていなかった。それは日頃の飲酒の延長線上にあります。依存性薬物を呑むと依存症になるという単純な理屈です。
依存症になっても、本人も家族も気が付きません。死んでからも気が付いていない家族が沢山います。
本人は、呑み方が変だと言われても、「自分はアル中ではない。」と否認します。
やっかいな病気です。

もう少しの辛抱やで(^0_0^)

みなさん おはようございます。30日午前6時半現在、晴れで気温は6℃。「赤旗」日刊紙と日曜版の配達を終えて帰って来たところです。気分は(-.-)

ヤギ君達、エサがたっぷりあるときは無愛想ですが、牧場内の雑草が枯れ始めたためか、この頃は、随分愛想が良くなり、私の姿を見付けるとすぐに集まってます。

そんなこともあり、牧場に行くときは、その辺りに生えている雑木の枝を折り、お土産にしています。

ヒツジは、葉っぱだけですが、ヤギは、細い枝であれば全て食べてしまいます。

牧場の半分で牧草を育てていますが、まだしばらく時間がかかりそうです。

DSC_2423DSC_2424

不屈(^^)/

みなさん おはようございます。29日午前6時現在、晴れで気温は5℃。「赤旗」日刊紙の配達を終えて帰って来たところです。気分は(-.-)

軒の下に置いてあるドラゴンフルーツが気温低下のため、褐色に変化してきました。

息子が沖縄にいるときに送ってくれたのが美味しくて、こちらでも栽培できないかと試しに鉢植えしたものです。

鉢植えして9年ほどになりますが、枯れそうで枯れない。厳寒期には枯れてしまったのではないかと思う状態になりますが、毎年6月頃には緑を回復し新芽を伸ばします。

基地のない平和な沖縄を目指し、粘り強くたたかっている沖縄に人々に連帯してたたかっているかのようです。

DSC_241070212933_371566867103442_8149459436365152256_n

ありがたいです(^0_0^)

みなさん おはようございます。28日午前6時半現在、曇りで気温は13℃。気分は(-.-)

体が覚えているのでしょうか、この時期になると無性に芋が食べたくなってきます。

今年は、美味しいのを食べようと、安納芋の苗を買って植えていたのですが、サル君たちに、ことごとく蔓を引き抜かれ全滅でした😢

そんな私の気持ちを察してくださったのでしょうか、近所のKさんが、大きな芋を「食べてよ〜」って、たくさん持って来てくれました😍

DSC_2415天気が安定したら干し芋を作ろうかな😁

かた~

みなさん おはようございます。27日午前6時現在、曇りで気温は12℃。「赤旗」日刊紙の配達を終えて帰って来たところです。気分は(-.-)

わが家の庭に植わっている藤ですが、4月に開花し、その後、いくつか実を着けます。

おそらく、この実が落ちて、うまく条件が揃えば発芽するのだと思いますが、今回、落ちていたのを初めて触って驚きました。

動画をご覧ください。

 

同級生がアルコールとたたかっています。No.8

 

川辺秀年
5時間前
アル中になりました No.8  言葉は通じない!?
「アル中になった人の言葉は、今 呑んでいる人たちには通じないよ。」
断酒会の先輩方からよく聞きます。かつて酒好きだった頃の私にも通じないでしょう。
それを承知で投稿するのは、あらゆる酒害で苦しんでいる人や、生き地獄に居るアル中に巻き込まれて蟻地獄に引きずり込まれているご家族の一助になればと願うからです。
更に、生き地獄に向かって歩み続けている人たち、依存症の入り口に立っている人達には、引き返す切っ掛けになればと。
想像を絶する様な世界を見て来た。面白おかしくも、おどろおどろしく恐ろしい生き地獄だ。そこまで行って生還できるのは、80~100人に一人しかいないと聞かされた。最近は千人から数千人に一人しか助からないと感じている。
私はその内の一人。たまたまの運とご縁によるものです。
そして分かった事は、酒と依存症に就いて何も知らなかったと言う事。知らないまま無防備で呑んでいた。素直に日本の酒文化と習慣に従っていただけなのに、なんで~?・・・といっても後悔先に立たず。トホホ・・・。
酒が「依存性薬物」であることすら知らなかった。嗜好品であるとばかり思っていた。
自分が呑んでいる酒とアル中の呑んでいる酒は違う酒だと思っていた。イヤそんな意識すらなかった。自分は違う。私は酒に強いだけで溺れている訳ではないと思っていた。
美味しいお酒を楽しく嗜んでいるだけだ。アル中になるかも知れないとか、アル中になるとどうなるのか等の意識は皆無だった。
「嗜む」と言う言葉が「溺れる」と言う言葉の尊敬語であり丁寧語である事も知らなかった。「お酒を嗜む。」と言ったり言われたりしたらもう危ない。
「川辺先生は、お酒を嗜まれますか?」、「ハイ、お付き合い程度には少々・・・」(嘘ツケ!少々じゃないだろう!?)

アル中に至る経緯と実例、家族としての酒害者への対応策等を、私の経験及び断酒会や研修会、専門医、内閣府、厚労省、WHO等からの情報と共に書き綴ります。
アル中(アルコール依存症)は病気です。病気だから治ります。
それは運不運とご縁の有無にもよります。
これから具体的に紹介して行きます。
もしこの投稿が、現在お酒を嗜まれている人達の気付きと、多少の自制になれば幸いです。