農地保全

みなさん おはようございます。11日午前6時現在、晴れで気温は4℃。気分は(-.-)

昨日の牧場の様子です。ヤギ君たち、牧草をほぼ食べ尽くし、牧場から緑が少なくなってしまいました。

ヤギ君たちを放してほぼ1年半、農地保全には成功していると言えます。田圃を一年半放置していれば、今頃、雑草だらけで雑木も生えている状態になっていたと思います。

今、農村では、耕作放棄地がどんどん増えています。特に山間部では急激に増えています。農業で生計が成り立たないと言うのが最大の原因ですが、この状態を放置することは社会全体にとってマイナスになります。

農業・農村は、食料生産はもちろん、自然環境の保全、文化の伝承など、多面的機能を果たしているのですが 、その機能が果たせなくなりつつあるのです。

農業が続けられて行けば、結果的に農地が保全されて行くことになるのですが、農業生産とは別に、農地保全対策を考えなければならない現実もあります。

その意味で、ヤギ君たちの力を借りなければならならない、ヤギ君たちが大活躍する時代がやって来たのではないかと考えています🙄

DSC_2856

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中