同級生がアルコールとたたかっています。No.23

川辺秀年
14時間前 ·

アル中になりました  No.23 アル中は何ヶ月で治る?
断酒会でアル中が治ったら、又 美味しい酒を楽しめるのだろう。
嬉しいなあ。頑張ろう!暫くの辛抱だ。我慢ガマン。
断酒会なんて知らなかったし、酒を止めるなどとは考えた事もなかった。
断酒をしても、時々少しぐらいなら飲めるのだろう。
何か月くらい我慢すれば、治るのかな~。治ったら今度こそ程々にして、美味しい酒を楽しく飲もうっと。ウキウキ! 期待感を胸に最初の例会に夫婦で参加した。
ところが、ナント! 参加初日に・・・、これほど厳しい言葉が他にあろうか・・・。
「断酒に卒業無し! 断酒は一生続くんですよ。」と、つれなく殺生なお言葉。余りにも無慈悲でしょう!目の前が真っ暗になり、暫くは信じられなかった。
ひと度、依存症になると、節度ある飲酒家に戻るのは不可能だなんて知らなかった。
そんなの親からも聞いてないし、学校の先生からも教えて貰ってない! 責任者、出てこい! と言っても、もう手遅れ。
速度違反で捕まった時の気持ち。「あいつもこいつも速度違反しとる!何で俺だけ捕まえるの?!」
冷静になって気が付いた。「あいつもこいつも酒で死んでいた・・・」まだ死んでないやつでも、殆どアル中になっている。ヤッパリ神様は見ている。
それでも断酒会の仲間のお陰で、断酒が出来て、心身共調子が良くなると、徐々に断酒の歓びとか楽しさとかが分かってきた。食事が美味しく、熟睡出来て、常に下痢気味だったのも止まった。 所謂 快食、快眠、快便です。何年ぶりだろう、こんなに体調がいいのは。心が清々しいのは。
そして断酒会活動を通じて、多くの感動を得、素晴らしい先達と知己になり、人生観や死生観、そして幸福感が変わった。世間体や恥、見栄やプライドの全てをかなぐり捨てればこんなに楽なんだ。見栄も張らなければ嘘も無い、裸で付き合いのできる多くの仲間ができた。
今は、アル中になって良かったとさえ思います(家族には申し訳ないけど)。皆さんにももっと真剣に呑んで、アル中になる様お勧めしたい所だが、依存症まで行くと、助かる人は百人~千人に一人と言われているから、勧められないのがもどかしい。
私は恵まれていたのでしょう。偶然のご縁と幸運のお陰です。
とはいえ、精神的な問題は、断酒後も残ります。鬱や双極性障害は酒と仲が良い。酒と鬱と自殺は、死のトライアングルと言われています。
スリップ(再飲酒)の危険性は一生付き纏います。10年断酒しようが、20年断酒しようが、一杯の酒で元の木阿弥・・・と言うよりは、更に酷い呑み方になるそうです。
10年や20年断酒した古参会員がスリップして、即自殺したケースもあります。
三年前の読売新聞「伴走記」にも同様な内容が紹介されています。
怖い病気です。でも回復はできます。
https://www.youtube.com/watch?v=QOHwdjrdkX8

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中