同級生がアルコールとたたかっています。No.29

川辺秀年
35分前 ·
アル中になりました No.29 「大恐慌」
この言葉が、昨晩のNHKクローズアップ現代で飛び出しました。
コロナで始まったドミノ倒しが行き着く先はどこだろう・・・
49年前、横浜から船でナホトカに向かい、放浪の旅に出た。シベリア鉄道から欧州を横断して英国に辿り着いた翌日の8月15日、ドルショック(別名ニクソンショック)に見舞われた。
手持ちは全て米ドル、それが両替拒否に会い、全ての銀行は長蛇の列だった。お金が役に立たない恐怖を味わった。田舎の中華料理屋に住み込みのアルバイトで転がり込んだ。今も私は円を含め、通貨には不信感を持っている。
放浪を再開して、アフリカのモロッコでは、クーデターに巻き込まれ、ピストルを突き付けられた。中東横断時は、第二次印パ戦争に行く手を阻まれ、アフガニスタンのカブールで足止めを食った。
帰国して大学に復学し、卒業、就職、離職してU-ターン後、突然国家プロジェクトへ招聘を受け、いくつかのプロジェクトで多くの困難に遭遇した。
その後、Y2K問題の危機を察知して大騒ぎし、大震災の報道を中国のテレビで見て衝撃を受け、酒が止まらなくなっていた。この状態を世間ではアル中と呼ぶ。連続飲酒発作だった。
今、起こりつつある事は、過去に経験した困難を遥かに凌ぐものかも知れない。
でも断酒会に辿り着いた今、心は穏やかでいられる。打つべき手は着々と打ってきた。
さあ今日も断酒会がある。そこには生き地獄を経験してきた仲間たちがいる。そこが心の安定剤であり、断酒仲間達は依存症から回復する為の人薬だ。
コロナ問題で、これから多発するであろう酒害者たちをどうやって迎え入れるかの話になりそうです。
皆さんも、家族や友人の飲み方がおかしいと気付いたら、行動してください。但し酒の注意は逆効果です。専門医か断酒会にご相談ください。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中