同級生がアルコールとたたかっています。No.44

川辺秀年
6月30日 2:55
·
アル中になりました No.44 急増する酒害相談
コロナ自粛で家飲みとオンライン飲み会の結果
コロナ自粛は僅か3ヶ月弱だったが、酒好きな人に取っては、家でユックリと酒を楽しめる嬉しい期間だった・・・が、アレレ? 自粛は解除されたのに、何故か酒が止まらなくなっている。
家族に気付かれぬよう、隠れ酒が始まった。隠し酒もし出した。
家族の一部は、その異常に気付く。でも異常とは思いたくない。暫く躊躇した末、相談がある。相談は友人からの場合もある。相談する勇気を持てるのは、ほんの僅かな人達だが、それでも多くなった。
このシリーズ No.33や37で、「社会不安の時の酒は危険です。」と注意を喚起したが、多くの人は「自分ではない。」と思っていた。
酒は依存性薬物だから、呑めば着実に脳と身体を蝕む。
私は、東日本大震災で連続飲酒発作を発症した。苦しい、酒を止めたい、でも止まらない。
誰もこの苦しさを分かってくれない。好きで呑んでいると思っている。「酒は嫌だ。でも止まらない。もう死ぬしかない。」とまで思った。妻が私から受けた被害は更に悲惨だった。
阪神淡路震災、東日本大震災では多くのアルコール依存症者が生まれ、福島県では未だに対応に苦慮している。
コロナによる社会不安は、まだまだこれから。第二波、第三波があるかも知れない。
経済が損なわれ、企業倒産と失業者が増加する。金融問題に発展するのは2~3年先の事。社会不安は更に続き、多くの酒害者が生まれる事になるでしょう。
酒さえなければ、酒さえ呑まなければ、こんな事にはならなかった。たった一回しかない人生を壊してしまう事は無かった。
でも世界では少数派とはいえ、日本では酒が合法です。自分で自分と家族を守るしかありません。
家族や友人の酒が変だと気付いたら、専門医(他の医師ではダメです)や断酒会にご相談ください。
早ければ早いほど良いです。救えるのは貴方しかいません。自分もアリ地獄に引きずり込まれない内に・・・

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中