同級生がアルコールとたたかっています。 No.54

川辺秀年
アル中になりました No.54 もと生徒、今は大先輩
高知東生さんが自叙伝を出版します。9月4日発売です。
彼は明徳義塾OBで、私はそこの教師でした。
彼は大変な苦難の末、依存症から回復して、今は依存症予防教育アドバイザーとして予防教育に取り組んでいます。
同じ薬物でも覚醒剤は逮捕されるのに、お酒は天下御免です。その依存性の強さはほぼ同じ、毒性はお酒の方が強いのに・・・
私は、断酒を始めてから何度も再飲酒(再犯)して、完全断酒まで9年かかりました。逮捕された事は一度もありません。
捕まっても「トラ箱」と呼ばれる保護室に入れられて、家族や上司が引取りに来れば無罪放免です。逮捕されて「ブタ箱」と呼ばれる留置所に入って裁判に掛けられるのと大いに違います。同じ薬物なのに・・・日本は変だ!
全国の繁華街でそんなお酒が礼賛され呑み続けられて、依存症者と不幸な家族が次々と再生産されているのには心が痛みます。私がそのお手本で家族を苦しめ続けていました。最後は自殺願望が出てきます。生き地獄でした。
高知さんは見事に回復して、かつて華やかだったころより、はるかに立派で輝いています。
私も彼に続いて、依存症予防教育アドバイザーの資格取得を目指します。

 

117591841_4127400184001755_3310212169116445317_o

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中