もうちょっと

みなさん おはようございます。26日午前6時現在、曇りで気温は18℃。気分は(-.-)

もう食べれるかなと袋を開けてみましたが、まだ少し早そうでした。

でも我慢できなくて、熟しているようなのを一個だけガブリとやってしまいました(>_<) 家族には内緒にしておいてくださいね。今年は、不作で数が少ないのです。

バレないように、袋はしっかり元に戻しました(^0_0^)

あと数日待って、みんなと一緒に食べます。DSC_3566DSC_0000_BURST20200526052047DSC_3564

健診を受けましょうね

みなさん おはようございます。25日午前6時現在、晴れで気温は16℃。「赤旗」日刊紙の配達を終えて帰って来たところです。気分は(-.-)

昨日は、徳島健生病院での「日帰りドック」でした。医療生協組合員4人で行って来ました。後は、結果待ちです。

検査で一番大変なのは胃カメラ。あのカメラが近づいて来ると大抵は無意識に力が入り、「ゲエー」ってことになります。

この頃は、鼻からも出来ますが、私は、もう慣れたので口からにしています。楽に終わらせるコツは意識的に力を抜くこと。これが出来るようになると楽チンです。

亡くなる人の3人にひとりは癌です。

私の先妻は、36歳で大腸癌で逝ってしまいましたし、幼馴染みのHちゃんは、病院に行かないことを自慢げに言う人でしたが、「健診を受けていたら良かった」って言い残し、16年前に胃癌で亡くなりました。

病気の治療は、「早期発見・早期治療」が基本です。みなさん 最低、年に一度は健診を受けましょうね。

DSCPDC_0000_BURST20200524104

日帰りドックに行ってきます

みなさん おはようございます。24日午前5時半現在、晴れで気温は18℃。気分は(-.-)

今日は、健康生協が行っている年に一度の日帰りドックです。日曜日にやってくれるのがありがたいです。

もう、30年余り続けています。これだけ続けていると、苦手だった胃カメラも意識的に力を抜き、楽に終わらせる術も身につきました。

早く済ませて、ご飯が食べたいです。お腹すいた 〜
まもなく出発です。

DSC_3552

これで安心

みなさん おはようございます。23日午前6時現在、晴れで気温は15℃。「赤旗」日曜版の配達を終えて帰って来たところです。気分は(-.-)

わが家の外壁を這うムカデを発見。今シーズン、2回目。いずれも早朝。こんなのに噛まれたら大変なことになります。

餌タイプの殺虫剤は置いてあるけど、効果が不明。

仕方がないので、以前、買いに行った時は1本も見つからなかった殺虫剤を探しに、再度あちこちの店に行って来ました。

その結果、やっと2本手に入りましたいつもはどこの店にも置いてあるのですけどね。良く売れているのかもしれません。

この殺虫剤は、ムカデが通りそうな所に噴霧しておくだけですが効果抜群です。そして、その効果も数ヶ月間続きます。

 

DSC_3543

DSC_0001_BURST20200523053255

お茶づくり

みなさん おはようございます。22日午前6時現在、晴れで気温は13℃。「赤旗」日刊紙の配達を終えて帰って来たところです。気分は(-.-)

桑茶が完成したので、次は、わが家が使う一年分のお茶作りです。

いつもの所でお茶の葉を摘み、茹でてからモミモミし、天日で乾燥させれば完成です。

満遍に乾燥させるのに結構時間がかかるので、後は、マイバーさんの仕事になります。

15899815052041589981499811DSC_3536

 

こわ~

みなさん おはようございます。21日午前6時現在、晴れで気温は12℃。気分は(-_-)

裏山の切り株が崩れ落ちました。

わが家が、建てられたのが60年ほど前。その前に伐採されたと思われる椎の木の切り株が気になっていました。

樹齢100年は超えると思われる大木だったので、腐って落下すれば自宅を直撃する恐れがあり、ワイヤーで固定しておこうかなどと考えていたところでした。

17日夜に震度3の地震があり、その後、まとまった降雨がありました。それが原因となったのか、昨日の朝、崩れ落ちているのに気がつきました。

幸い、自宅には被害はありませんでしたが、自然災害の怖さを改めて感じさせられました。

 

DSC_3528DSC_3349DSCPDC_0003_BURST20200519090

同級生がアルコールとたたかっています。No.39

川辺秀年

アル中になりました No.39 しんぶん「赤旗」に取り上げられました。
投稿の中にある、父親を下駄で殴っていたO君は、元々は優しくて仕事熱心で、真面目な好青年でした。最後は、耳や目から血を噴き出していたそうです。酒で狂いました。家族全員が酒のアリ地獄に引きずり込まれます。
女子プロゴルファーのローラ・ボーは、更に爪の間からも血が噴出していました(「私は仮面の妖精だった」より)。
酒を呑んで死ぬときの悲惨さは殆ど外には出ません。でも知る必要があります。生き地獄の中で亡くなり、行き着くところも本当の地獄です。
世間の人は、「今は、天国で旨い酒を呑んでいる事だろう。」等と、天国の安売りをします。
事実を捻じ曲げるから、私を含め、残された人たちは酒を軽く見て、楽しんでいるつもりでいます。その後に、何が待っているかも知らずに・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日の、しんぶん「赤旗」日刊紙10面に、「断酒学校 ことしは開けないけど」の見出しで、ネットTVで交流したことが報じられています。

コロナ感染予防対策により、例会や研修会が相次いで中止になり、有志が体験を交流したいと「第一回Zoom断酒スクール」と銘打った、アルコール依存者によるネットテレビ会議が9~10日に行われたそうです。

こんな時期ですので、このような取り組みは大事ですね。
実は私、同級生を含む3人の友人をアルコール依存症で亡くしています。

N君は、後から聞いた話ですが、母親が、「もう助からないのだから」と、酒を買ってきて与えていたのだとか。O君は、早朝、下駄で父親を殴っていました。

自分の心と体をボロボロにするだけではなく、家族も巻き込み不幸にするのがアルコール依存症です。優しく大人しかった彼を狂人に変えてしまうのがアルコール依存症です。

目を覆いたくなるような惨状を見てきただけに、少しでもアルコール依存症で亡くなる人が減ればと願っています。

本人自身が、アルコール依存症だと認識できることは少ないので、気がついた方は、是非、お近くの断酒会に相談してあげてください。

_DSC9651 (2)