差し入れ(^^)/

みなさん おはようございます。10日午前6時現在、雨で気温は11℃。気分は(-.-)

ヤギ君たちに、近所の方々から食糧の差し入れが続いています。ありがたいです🙏

この日は、Mさんからヌカが。そして、いつも差し入れをしていただいているSさんの親戚Nさんからは、野菜クズが。

ヌカも野菜も大好きで、争うように食べるのですが、知り合いの方から「白菜をタップリ食べさせたら、次の日、お腹が膨らんで3頭一度に死んだ」と言う話も伺っているので、一度にたくさん与えないようにしています。

 

DSC_3041DSC_3042DSCPDC_0000_BURST20200303170DSCPDC_0003_BURST20200303080

ンメー(^^♪

みなさん おはようございます。4日午前5時半現在、雨で気温は9℃。「赤旗」日刊紙の配達を終えて帰って来たところです。気分は(-.-)

近所の方々の食糧援助でヤギ君たち、元気に暮らしています。

この日は、近所のYさんから野菜グズを頂いたので食べさせました。雑木の葉っぱは食べ飽きたのか、美味しそうにガツガツ食べていました。

こぼさずに食べて欲しいけど、相変わらず食い散らかします。土の上に落ちたのは食べないから困ったものです😅

何があった( ゚Д゚)

みなさん おはようございます。25日午前6時現在、曇りで気温は8℃。「赤旗」日刊紙の配達を終えて帰って来たところです。気分は(-.-)

昨日は、誕生日のお祝いの言葉をたくさんの方々からいただき、ありがとうございました。健康に留意し、頑張ってまいりますので、今後ともよろしくお願いします🙇

モー君とナッちゃんが、本気の喧嘩をしました。

彼らのなかで、ボス的役割を果たしているのは、一番年上のヤギのナッちゃん。そして、一番性格が優しく、大人しいのが、ヒツジのモー君。

そのモー君が、猛然とナッちゃんに頭突きで攻撃しました。ナッちゃん、いつもと違うモー君の態度に驚いています。

周りのみんなも、「おいおい、何があった?」「やめろ、やめろ!」と戸惑いの様子が伺えます。

時々、ふざけあっての頭突きはありますが、今回のようなのは初めて。

いったい何があったのでしょうか🤔

まあ、人間社会と一緒で色々あるのでしょうね😅

なぜ?

みなさん おはようございます。24日午前5時半現在、晴れで気温は3℃。「赤旗」日刊紙の配達を終えて帰って来たところです。気分は(-.-)

毎日、短時間でもヤギ君たちに会いに行っていますが、??って思うことがあります。

たとえば、食事中に容器からこぼれ落ち、土に触れた食べ物は二度と口にしないのです🙄ですので食事の後は食い散らかしたような状態になります。土から生えてきた草は食べるのに、ちゃんと食べてくれたら良いのにね😅

そんなこともあり、雑木の葉を与える場合は、土に触れないよう重ねて与えています。段々高くなってしまうのですが、冬美ちゃんでも上手に枝の上に足を乗せて食べています😄

DSC_2972DSC_2973DSC_2975

食糧確保

みなさん おはようございます。18日午前5時半現在、晴れで気温は1℃。「赤旗」日刊紙の配達を終えて帰って来たところです。気分は(-.-)

昨夜の天気予報では徳島南部の山間部では7㎝、平野部では1㎝の積雪と言うことでしたので、新聞配達時スリップしないかと心配していたのですが、積雪はなかったので助かりました。

ヤギ君たちにとっては、青草のもっとも少ない時期。牧草のイタリアンライグラスは、ほぼ食べ尽くしていますが、雨の度に芽が伸びるので助かっています。

ただ、牧草だけでは足りないので、雑木の葉を与えています。昨日、知り合いのOさんが、声を掛けて下さったので、家の周囲の雑木を軽4トラックいっぱい頂いて来ました。これで3日位の食糧が確保出来たかな😅

ヤギ君たち、食糧を食べ、生きることで、人間社会に貢献していると言えるかもしれませんね😃

 

DSC_2929DSC_2927DSC_2924

DNAかな

DSC_2884DSC_2885DSC_2881

みなさん おはようございます。13日午前5時現在、晴れで気温は13℃。気分は(-_-)

ヤギ君の要望に応え、高台にしました。

日陰のない田圃ですので、廃材で真夏の暑さ対策として日陰をつくっていたのですが、小屋の方が良いようで、今まで利用がゼロでした。

そこで、トタンをはがし、ヤギ君の好きな高台として使ってもらうことにしました。

さっそく、冬美ちゃんが飛び乗り楽しそうでした😄

 

農地保全

みなさん おはようございます。11日午前6時現在、晴れで気温は4℃。気分は(-.-)

昨日の牧場の様子です。ヤギ君たち、牧草をほぼ食べ尽くし、牧場から緑が少なくなってしまいました。

ヤギ君たちを放してほぼ1年半、農地保全には成功していると言えます。田圃を一年半放置していれば、今頃、雑草だらけで雑木も生えている状態になっていたと思います。

今、農村では、耕作放棄地がどんどん増えています。特に山間部では急激に増えています。農業で生計が成り立たないと言うのが最大の原因ですが、この状態を放置することは社会全体にとってマイナスになります。

農業・農村は、食料生産はもちろん、自然環境の保全、文化の伝承など、多面的機能を果たしているのですが 、その機能が果たせなくなりつつあるのです。

農業が続けられて行けば、結果的に農地が保全されて行くことになるのですが、農業生産とは別に、農地保全対策を考えなければならない現実もあります。

その意味で、ヤギ君たちの力を借りなければならならない、ヤギ君たちが大活躍する時代がやって来たのではないかと考えています🙄

DSC_2856