同級生がアルコールとたたかっています NO.4

アル中になりました No.4  断酒宣言の日
11月10日は断酒宣言の日です。
昭和38年11月10日、高知市で高知県断酒新生会と東京断酒新生会、2都県の断酒会で全日本断酒連盟を結成した日です。
初代会長だった松村春繁氏が病身に鞭打って、夜行列車を乗り継ぐ全国行脚で普及活動をして、断酒会は全国に広まりました。結果、多くの酒害者とその家族が救われています。
「一日断酒」と「例会出席」の二つが大きなテーマです。
断酒会に巡り合うまでの私、「明日は酒を減らそう。だから今日はもう一杯呑もう。」
断酒会に巡り合ってからは、「明日は呑んでもいいから、今日は“一日断酒“しよう。」、そして「一日断酒」を、毎日毎日繰り返して行きます。
「例会出席」で自分の酒害を掘り起こします。繰り返し掘り起こし、自己反省に次ぐ自己反省。そして多くの気付きを得て、自分を改革し新しい人生を創ります。世間体も見栄も外聞もプライドもかなぐり捨てて裸の自分をさらけ出します。そして本当の裸での付き合いに巡り合います。
10日~16日は「アルコール関連問題啓発週間」です。
そのポスターに書かれています。
意志が弱い人?
ダメな人?
なまけもの?
いいえ、そうじゃありません。
アルコール依存症は「病気」です。
回復できる「病気」です。
知ることが解決のスタートライン
13日には阿南保健所で、第7回「徳島アルコール問題を考える」市民公開セミナーがあります。
基調講演は、「アルコール、自殺、うつのトライアングルを考える」
酒と自殺とウツは近い関係です。死のトライアングルと呼ばれています。

 

同級生がアルコールとたたかっています NO・3

アル中になりました No.3  酒呑みへの対処
夫の酒が気になりだしたら
夫の酒量が増えると、妻は本人の為を思って、こんな対応をします。
「程々に」とか「少し控えたら?」と優しく諭す、理詰めで説教する、怒る、脅す!泣く、監視する、酒を捨てる、隠す、酒での不始末の後始末をする(何かを壊した後片付け、飲み屋のツケを払う、玄関で寝てしまったのをベッドまで運ぶ、失禁の後始末、等々)。
私の妻もこの中のいくつかをやっていました。
全て逆効果です。
これらは、イネーブリングと言われ、本人の気付きの機会を奪い、却って酒量を増やす事になります。それをする人をイネーブラーと呼びます。命の危険が無い限り、放っておいて自分で始末して貰うのが良いそうです。
「地獄への道は、善意によって掃き清められている。」アルコール白書より
酒を呑んでいる人に、注意するのは危険です。もっと呑ませる事になり、最悪の結果を招く事もあります。私の投稿内容を使って注意するのも危険ですので、この投稿は取扱いに要注意です。既に私の投稿を使って夫や友人に注意した事で犠牲者が出ています。
家族は酒呑みに振り回されず、自分の生活を優先して下さい。詳しくは、専門病院や保健所、精神衛生福祉センター、断酒会等に相談して下さい。
本人を専門医や断酒会に連れて行く事は、ほぼ不可能です。「否認の病」です。
家族は巻き込まれて共依存という病気や精神疾患に陥ったり、更には自殺まで追い込まれたりする事もあります。
自分の生活態度と酒呑みへの対応を変える事で、介入(気づいて貰うための手助け)のチャンスはやってきます。
介入の為の具体的な方法があり、徳島には全国トップレベルの専門医がいます。家族が断酒会に参加し始めた途端、本人の酒量が減った例も多いです。
家族が専門病院や断酒会に行くと知ると、本人が激怒する事があります。その時は、「貴方の為に行くのではない。貴方が酒を呑むと私が辛いので、私の為に行くのです。」と言う方法があります。
下記は、内閣府が製作した6分程度の依存症に関する動画です。

https://l.facebook.com/l.php?u=https%3A%2F%2Fnettv.gov-online.go.jp%2Fprg%2Fprg16725.html%3Ffbclid%3DIwAR2_DEi9lmtkPQ4Qy0nu1Vi_PNezhFJPxb73YXQ-qiTCCCELHnoniNUaI1s&h=AT2v7Bm_eWv3DWG-zDa5VItxoQjs2HeweWvaKF7rE4vq0RiwvROme8mdPWtKBTiW2u1bt9bcs7DR_v1mxQBTstNdKJpGPvpXg6ilbNOScbHh8JJzTcVi_aCpIiBX7FPgGSq1i-j7vCqLKfYU2UBPwHl_Vvc6fU2rXe2l2ARgk71dOO7Okg

泣き面にムカデ”(-“”-)”

みなさん おはようございます。9日午前6時半現在、晴れで気温は8℃。「赤旗」日刊紙と日曜版の配達を終えて帰って来たところです。気分は(-.-)

膝が痛くて受診すれば変形性関節炎と言われ、たまたま掴んだ枯れ葉のなかにムカデがいてガブリ。

「泣き面に蜂」とは、このようなことを言うのでしょうね😅

幸い、私の場合は、ムカデに咬まれても30分ほど辛抱すれば痛みは自然になくなってしまいます。

医師から聞いた話ですが、ムカデに咬まれたら40℃の湯に浸けると痛みが消えるとのことです。もし、咬まれたら試してみてください。

DSC_0001_BURST20191102100144.JPG

同級生がアルコールとたたかっています

自分がアル中だと認識できるようになるまでが大変です。

アル中になりました No.1
そして、マスターズ陸上競技会へ
私はアル中になり断酒しました。断酒11年、完全断酒は2年2ヶ月目です。
そして陸上競技会に出場し始めました。今回は2回目です。
月 日:10月14日
場 所:鳴門市 ポカリスエット・スタジアム
種 目:100m 男子 65~70歳未満の部
記 録:17秒16
順 位:3位入賞 (出場者3名)
7月28日の大会に初参加時は18秒20でした。生まれて初めてスパイク・シューズを買って、正式競技場で公認記録を頂き、楽しくて嬉しくてウキウキしました。
3か月後の今回、記録を1秒余り更新した。このペースなら、二年半後の71歳でウサイン・ボルトの世界記録に追い着く計算???になります。頑張ろう。
80代や90代の若者が多く参加するので、68才の私などはあどけない洟垂れ小僧に過ぎません。7月競技会の最高齢は女性93才、男性92才でした。
一緒に走った愛媛の66才男性は12秒73!あきれるしかありません。私は年齢別では堂々の3位入賞・・・但し参加者は3人。
11年前にアルコール依存症と診断されてから断酒を始め、何度も失敗しました。一昨年8月には連続飲酒に陥りました。9月になって著名なカリスマ院長に出会い、多くの気付きを得て、やっと完全断酒して2年2ヶ月になります。
アル中の原因は無知と無防備でした。酒の味を語り、ウンチクを傾ける事は出来るのに、酒の真実と依存症に就いての知識は皆無でした。酒が依存性薬物と言う事すら知らなかった。更に日本社会の異常な酒習慣に対して無防備で臨んでいました。
そして気が付きました。周囲に多くの依存症者がいて、私が味わった地獄の苦しみの中で、家族を巻き込みながら死んでいっています。余りにも多いけど、静かに消えて行くから世間が気付いていない。日本の酒習慣と環境は異常です。
これから私が経験した事と、断酒会、専門医、厚労省、WHO、そして各種の研修会で学んだ事を少しづつ紹介します。

やすらかに バロン

みなさん おはようございます。26日午前6時半現在、曇りで気温は17℃。「赤旗」日曜版の配達を終えて帰って来たところです。気分は(-.-)

昨日、18歳で生涯を閉じた猫の「バロン」の亡骸を、わが家の裏山に埋葬しました。

大往生だったとはいえ別れは辛いものです。いよいよ土をかけようとしたとき、共に暮らしてきた次女の涙が、「バロン」を入れたダンボール箱にポタポタと落ちたのが見えました。

悪さをして困らせたこともある「バロン」ですが、みんなに大事なものを置いていってくれたようです。

DSC_2221DSC_2219

ありがとう バロン

みなさん おはようございます。25日午前6時半現在、曇りで気温は17℃。「赤旗」日刊紙の配達を終えて帰ってきたところです。気分は(-_-)

マイカーちゃんと、18年間一緒に過ごして来た猫の「バロン」が旅立ちました。

体調が悪いとの知らせで急いで実家に帰り、病院で点滴をしてもらい、一時は回復傾向にあったのですが、昨日の朝、息を引き取ったとのことでした。

3人の子どもたちと、大変な時期を一緒に過ごして来ただけにショックは大きいようで、悲しみをこらえながら電話してきました。

今日、わが家から観える裏山に埋葬し、墓をつくります。

 

DSCF5885.JPG

農地の集積

みなさん おはようございます。24日午前6時半現在、雨で気温は18℃。「赤旗」日刊紙の配達と日曜版の仕分けを終えて帰って来たところです。気分は(-.-)

昨日、徳島市で行われた「農地集積推進決起大会」に牟岐町農業委員会会長として出席しました。

農地中間管理機構(農地バンク)を通じて農地の集積を推進する機運を高めようと開催されたものです。

急傾斜地が多い牟岐町では、農地を集積しても水確保の問題、狭い圃場などにより、平野部のように効率化は難しいのです。

したがって、農地を貸したいという農家は増えているものの、借り手はいないというのが現状です。

また、規模を大きくすればそれだけ赤字が増えるという現実もあります。4㌶ほどの農地を借り受け稲作をしていた農家が経営破綻した例もあります。

しっかりした価格保障、所得保障などがあり、安心して農業ができる前提がなければ、農地の集積など進む筈がないと改めて思いました。

DSCPDC_0003_BURST20191023133.JPG