同級生がアルコールとたたかっています。No.22

川辺秀年
12時間前
アル中になりました No.22 ダルク(薬物等の依存症から回復を目指す人達の会、私の勝手な解釈ですが)
昨日、ダルクのセミナーに初めて参加しました。
徳島DARK主催の自殺対策強化事業
副題:依存症が起因となる自殺問題と予防啓発を目的としたセミナー
同じ薬物でも、酒は偶々合法な麻薬、一部の薬物は違法な麻薬、同じ薬物依存者の会だから同じ様な会だろうと思っていたが違いました。
先ず、断酒会と年齢層は違って若者が多い。親御さんらしき年配者もチラホラいます。
次に、キリスト教を感じさせる雰囲気があります。米国生まれのAA(米国版断酒会)がベースになっているからかも知れません。
やっと断酒したのに、違法薬物にハマってしまう人もいます。典型的なクロスアディクションです。
飲酒者と同様に、ダルク会員にも摂食障害、クレプトマニア(万引き依存)、リストカット(特に女性)その他諸々の、口に出来ないようなクロスアディクションを持つ人がいます。それらを安心してカミングアウト(自己開示)出来る場がここです。
二県のダルクの代表者、そして一県の家族会代表者の発表に続き、依存症者への対応方法であるクラフト(CRAFT)の第一人者、徳島の吉田精次医師の講演がありました。
ダルクの特徴か、弁護士さんの講演もありました。酒と違い、違法薬物は逮捕され裁判があります。同じ依存性薬物なのに何故?
国によるダブルスタンダードで、歴史の流れにより偶々そうなっています。でも世界的にみれば、酒が合法なのは少数派で、多数の人が住む国と地域では、酒も違法薬物です。
親の問題として取り上げられたのは、子供の市販薬や処方薬への依存を助長する事です。イネイブリングと共依存によるものです。市販薬と処方薬への依存は、今や違法薬物より多くなっています。
専門医による治療の第一歩として、親を子供から引き離して入院させる事があります。親のイネイブリングと共依存を治しておかないと、やっと子供が依存から回復しても、親が子供の依存症を再発させてしまいます。
医師であるおおたわ史絵さんと同じく医師だったお父さんも、オピオイド依存のお母さんから引き離され入院しました。依存症者を家族から守る為です。家族は悪意でやっている訳ではなく、何とか治って欲しいと必死になって助けているつもりです。
「地獄への道は、善意によって掃き清められている。」アルコール白書より
そして基調講演の吉田先生は、アル中である私の前主治医です。アル中の主治医がそのまま薬物の専門家です。国立の薬物専門機関の薬物部長である松本俊彦先生は、酒こそ人類最古にして最悪の薬物である事を紹介しています。
同じ薬物依存でありながら、逮捕され社会的なバッシングを受けた人が多いダルクは、断酒会とは違う雰囲気があります。断酒会では得られない、違った気付きを得ることが出来ました。依存症からの回復を目指す仲間に・・・
感謝です。

助かりました(^^)/

みなさん おはようございます。12日午前6時半現在、曇りで気温は5℃。「赤旗」日刊紙の配達を終えて帰って来たところです。気分は(-.-)

「新聞くばってもう三月・・・」って、山田太郎さんの歌がありましたが、私、新聞配って48年になります。慣れはしたけど、早朝は眠いし、良く目覚めていないので、朝の気分は、(-.-)にさせていただいています😄

48年の間には、いろいろハプニングがありました。バイクのオイルが入っていなくてエンジンを焼いてしまったこと。鹿とぶつかりそうになったこと等々、数えきれないほどあります。

今朝も配達中に左前輪がパンクするというハプニングがありました。

読者には迷惑をかけられないので、急遽マイカーちゃんに連絡し、残りの配達を頼みました。

こんなこともあろうと、車にはいつもライトを積んでいますし、車のキーにも小さいのをつけているのでタイヤの交換はスムーズに終えることが出来ました。

頻発する自然災害。必ず起きる大地震津波。いざという時のため、身近な所に懐中電灯を置くことをお勧めします。暗闇では、どうしようもありませんからね。

DSC_2875DSC_2873

同級生がアルコールとたたかっています。No.21

アル中になりました No.21 三折肱為良医(中国の諺)
「腕を三回も骨折すれば名医となる」
今朝、NHKで「ためしてガッテン」の再放送があった。
「虫刺され医師」は、自分の腕や足を虫に咬ませてその症状と経緯を観察して、対策が立てられるようになり、彼の著書は皮膚科医の教本になっている。
アル中を経験した医師は、数少ない依存症の名医だ。私の知る限り、国内ではお二人しかいない。アル中になった医師は多いものの、職業が邪魔して治療には繋がらない。自分で治そうと無駄な努力をしている。
アル中から回復しているお二人は、依存症の苦しさと難しさに立ち向かう方法を熟知している。こんなお医者さんに診られるアル中さんは幸運だ。
殆どのアル中は、専門医を避けて、総合病院や開業医へ行く。そこで依存症を見抜かれることは非常に稀。その理由は色々とある。
1. 診断する知識と技術がなく、治療法を知らない。専門外だから。
私も酒量が心配になり、何度か総合病院と開業医に行った事はある。γ-GTPを調べて、「牟岐の人は肝臓が丈夫ですね。」等と言われて安心し、依存症の診断をされることはなかった。
2. 一般医療の医師は依存症を嫌っていて、自分の専門分野だけ治療する。
3. 依存症が治らなければ、リピーターとなって、何度でも内蔵を壊したり、怪我したりしてお客さんになってくれる。
初めてこの理由を聞いた時、「まさか!?医は仁術の筈」と信じられなかったけど、最近アレレ?と思う事がある。
その外にも理由は色々とありそうだ。
これではいけないと、開業医や総合病院の医師にアルコール依存症の研修を始めた都道府県が出てきた。
広島県では現在116名の一般医療の医師達が依存症の研修を受けている。早く、全国的な動きになりますように。

ザ50回転ズ コンサートin牟岐(^^)/

みなさん おはようございます。10日午前6時現在、晴れで気温は、-1℃。気分は(-_-)

昨日、牟岐町海の総合文化センターでロックバンド「ザ50回転ズ」によるコンサートが行われました。

実は、バンドのリーダーである「ダニー」ことしんちゃんは、私の近所の出身なのです。小さい頃は、私の子どもたちとも良く遊んでいました。

ロックバンドのコンサートなど縁のなかった私たちでしたが、そんなことで、マイバーさんも含め家族全員で観に行ってきました。

「古里の牟岐に帰って来たよ~ ありがとう~」「母は、いま受付で切符を切っています。父は、駐車場で交通整理をしています。みんな協力してもらってありがと~」ってな具合で、おしゃべりも上手で、会場を沸かせていました(^0_0^)

結成16年になるのだそうですが、素人が観ても、メンバーの息がピッタリで演奏技術も歌も素晴らしいです。紅白歌合戦への出場もそう遠くないと思います。

会場の様子をお届けできないのが残念ですが、マイバーさんも失神することなくノリノリで、元気を注入してもらった2時間でした(^0_0^)

向かって右側がしんちゃんです。

DSCPDC_0003_BURST20200209165DSC_2847

あっという間の一ヵ月(;´∀`)

みなさん おはようございます。30日午前6時半現在、晴れで気温は4℃。気分は(-.-)

明日で1月も終わり。時間の経つのは速いものですね😱

マイペースで生きているからでしょうか、月末になると、「あれ〜 何もしないうちに一ヶ月が済んでしまった」と、自分の無力さを責め、落ち込むのです。こうやって、人生の大半を過ごしてきました。

時間は、自分が意識しようとしまいと関係なく過ぎ去って行きます。だから、充実した一ヶ月だったと思えるように過ごすためには、月始めにしっかり計画を立て、意識的に時間を有効に使うよう努力するしかないかな🙄

月末になると、いつもこんなことを考え、気がつくと人生もかなり終盤になってしまいました😅

来月3日は節分。4日は立春。裏山で梅の花が咲いていました😄

 

DSC_2773

同級生がアルコールとたたかっています。No.17

川辺秀年
昨日 1:56 ·

アル中になりました No.17 全断連セミナーに妻と参加しました。
みっともない事は止めて!
世間体と否認は、治療への最大の障害
アル中は組織の恥でもなく、家の恥でもなく、個人の恥でもありません。よくある病気です。
1月18~19日 愛知県美浜町の少年自然の家で、全日本断酒連盟のセミナーがありました。
今、アル中は急増しています。特に高齢者と若い女性に顕著です。
1. セミナーでは、SBIRTSの検討がメインでした。
依存症者を治療に繋げ、診察現場から直接断酒会員に電話して、酒害者と話してもらいます。断酒例会に誘う技法で、その寸劇はNo.13で紹介しました。
病院や保健師さん等から紹介されても、地元の例会に自分で来る人はゼロでした。普通の勇気ではこの高い敷居を乗り越えられません。診察現場からの電話一本で、参加率は跳ね上がります。
2. 柏断酒新生会とのご縁
私のグループの世話役は千葉県柏市の会員で、柏市は私の母校所在地です。母校の知人や同窓生の酒害相談がある度、柏断酒新生会にはご協力頂いていました。
昨年末、阿南支部の例会に、その柏市の若い会員さんが突然来訪し、辛い経験ながら素晴らしい体験談を語ってくれました。
年末年初に柏断酒新生会とのご縁が深まったのは、何かの啓示かも知れません。
3. 否認が強い学校という職場 教師に多いアル中
私も教鞭を執っていました。
私の母校でも否認はあります。学校は否認が起こりやすい職場です。今まで関係した小中高、大学、そして英国と中国の学校でもありました。
依存症に対する偏見と教育者であるというプライドが原因と感じます。今回の柏市会員とのご縁が私の母校と同窓生にとって良いご縁となりますように。
4.みっともない病気
寝室では高知の二神医師が隣のベッドでした。先生も依存症ですが、断酒歴が長くて深い洞察力をお持ちです。先生が新聞投稿で、依存症をカミングアウトされたら、お母さんから「みっともない事は止めて ! 」と言われたそうです。
家族にとって、アル中はみっともない事なのです。言葉の響きが非常に悪く、世間体も悪くて、これが治療に結びつくには大きな障害になっています。家族はアル中を隠します。
でも否認している限り治療には繋がらず、回復もありません。
私は否認の前に、アル中と言う病気である事にすら気付きませんでした。
身近にある病気なのに・・・やっかいな病です。
気になる人が居たら、メッセンジャーか下記までお報せ下さい。 秘密厳守です。
メアド toshi1@hotmail.com
携 帯 090-2822-8662

 

もう一度行きたい 南京町(^^♪

みなさん おはようございます。27日午前7時現在、雨で気温は8℃。気分は(-.-)

昨日は、Kさんの代役で神戸の南京町に行って来ました。健康班会のレクとして楽しみにしていたのに行けなくなるのは気の毒だということで急遽引き受けたものです。

行って初めて分かりました。昨日が最終日だったのですが、旧暦での正月を祝う「春節祭」が行われていたのです。

道は、人でいっぱい。そして美味しそうな中華料理が並びます。臭いに鈍感な私の鼻も復活したのか、良い香りがしました😋

南京広場でのイベントも素晴らしく、来年はマイカーちゃんと一緒に行きたいです😄

 

 

 

 

DSC_2755