同級生がアルコールとたたかっています。No.43

また一人、同級生がアルコール依存症で亡くなりました。今の平均寿命からすれば、早死にです。
川辺秀年
6月22日 6:18
·
アル中になりました。 No.43 日本がアル中になった?
「万死に値する!一生かけて償う。が、今年だけ認めて欲しい。」1965年の大蔵大臣大平正芳の言葉です。そして戦後初めて、財政法第4条に違反する赤字国債が、特例公債法を決議して発行された。借金は酒と同じで、暫くは楽になり、気持ちよくさえなる。
過去の悲惨な経験から、法律で禁止した赤字国債を、当初は恐る恐る2兆円。今は30兆円前後の国債を毎年発行している。とうとう残高は一千兆円を越した。人の感覚は徐々に麻痺する。
コロナ対応で、今年の赤字国債は数十兆円になるかも知れない。与党も野党も緊急支援の額を競い出した。50兆円だ、いや百兆円だと。国民は国にはいくらでも金があると勘違いしているのかも知れない。今、国にあるのは金ではなく未曾有の借金でしかない。
アル中になったのは、財務省と日本銀行が主で、それに各政党も国民も連なっている。
緊急時の借金は許されると思う。だが返済計画が必要だ。それは重篤者へのカンフル剤と同じ。ガンの痛みに苦しむ患者には麻薬であるモルヒネを投与する。耐性が出来て、同じ量では効かなくなり次第に増えていく。酒も同じで耐性が出来て同じ量では酔えなくなり増えていく。
国は不健全な借金をしてはならないし、日銀は不安定な資産を持ってはいけない。両方とも法律で禁止されている。今は、非常時だから許される。外国も同じ状態だ。
しかし日本は遥か前から、それを続けてきた。酒を呑み続けたのと同じで依存症になっている。依存症の特徴である禁断症状は、酒が切れた時に現れる。
国が国債の発行を止めたら、財政破綻という禁断症状が出る。発行し続けるしかない。
日銀が国債の購入を止めたら、金利高騰と国債の暴落という禁断症状が出るので、買い続けるしかない。4月末、既に国が発行した国債の50%以上を日銀が保有している。禁じ手中の禁じ手である財政ファイナンス状態だ。
麻生さんも黒田さんも「違う。」という。「一旦、国債を市中銀行に放出してから買い上げるから直接買い入れではない。デフレ退治の為の国債買い入れなので、財政ファイナンスではない。」という。「日本をMMT理論の実験場にするつもりはない。」とも言う。
国際的な評価は、日本の財政はMMT理論の実践そのものであり、各国とも日本の状態を見守ってきた。イヤ、IMFは注意を喚起したし、国際会議の場では日本の財政の持続性について話し合われた。その都度、日本はデフレ退治の為の異次元緩和だと回答してきた。
怖いのはマーケット。ヘッジファンドが日本国債と日本の株式市場に注目しだした。突然の攻勢に遭う恐れがあります。
アル中は禁断症状と、それを抑える為の飲酒を繰り返しながら、最後は突然死が待っています。
https://www.msn.com/ja-jp/news/coronavirus/50兆円では足りない-100兆円だ-膨らむコロナ対策費-与野党世論受け競争-は大丈夫か/ar-BB15JrmV
https://blog.canpan.info/sasakawa/archive/7285

たのしみ(^^♪

みなさん おはようございます。18日午前6時現在、曇りで気温は20℃。気分は(-.-)

今年は、イチジクが楽しみです植えてから6年目。昨年は、10個ほど収穫できました。

最初は3本仕立てにしていたのですが、倒木により枝が折れてしまい、現在は専門農家がやっているような2本仕立てにしています。

50㎝ほどの間隔で新芽を伸ばし、他の芽は除去します。すでに実が大きくなり始めていて、10月初旬には収穫できます。

昨年、イチジクは、皮をむかなくてもそのまま食べられるのだと教えてもらったので、今年は、丸ごとガブリといきます(^^♪

DSC_3697DSC_3692DSC_3247

同級生がアルコールとたたかっています。No.42

ゲーム、タバコ、ギャンブルなど様々な依存症がありますが、直接自らの命と健康、周囲に不幸をもたらす最悪の依存症がアルコール依存症でしょうね。
コロナ禍での営業不振、失業、倒産などがアル中を増やさないか心配しています。
川辺秀年
6月12日 7:14
·
アル中になりました No.42 暴落第二派がやってきた?
アル中が増えるぞ~!
「NY株、一時1400ドル安」
添付は、今朝2時前の「時事通信社」の配信です。
4時前には更に下げて、下げ幅は1700ドル前後になっていました。
先程のニュースでは、1861ドルまで幅を広げました。
いずれ来るとは思っていたが、早かった。悪い実体経済に対して、虚像の楽観とFRBが2022年まで無金利の金をばら撒くと宣言した事で、空虚な賑わいを見せていた。変だ!と思った。
1929年に始まる世界恐慌は、ウォール街の株暴落から始まった。
一気に下げたわけではなく、急落後一旦安定を取り戻し上げ始める。そこで人々は「ヤレヤレ底を打った。」と安心する。
暫くすると、又急激に下げる。それを繰り返しながら、最高値の10%くらいまで下げてしまい、それが実体経済との悪循環に陥り、世界中に伝播した。
飛行機でエアポケットに入った感じ。
起こるとヒヤ~とするが、乗客の殆どは冷静だ。安定飛行に移ったと思ったら、またスーッと落ちる。一部の女性客が「イヤ~!」等と声を上げる。
そして落ち着いてから、更に急激なポケットに落ち込む。機内に悲鳴が響き渡る。私は2~3度、経験した事がある。雷が機体を直撃した時も同様だった。
今回はコロナが切っ掛けで、既に経済の末端は傷ついている。リーマンでは、先ず金融が壊れたが、今回は経済の末梢神経や毛細血管がやられている。2~3年後には、金融危機に発展する可能性が強いと感じる。
「千日の稽古と万日の稽古」
これは準備です。準備をシッカリやっておいて「臨機」で臨む。宮本武蔵の神髄です。「オノオノ方、準備を怠りなく。」杞憂に終わればそれでよし。
こんな社会情勢の中では、酒呑みの多くがアル中になります。2003年に800万人だった多量飲酒者が、2013年には980万人に、今は2千万人と言われ、急増しています。
この人達の殆どは助かりません。でも全員が「自分ではない。」と思って呑み続けています。かつての私の姿です。
今日の東京市場はどうなるんだろう・・

同級生がアルコールとたたかっています。No.40

子がいくつになっても、親は何時までも親です。子は子、自分は自分と割り切れれば良いけど、親子の関係って、そうは行きませんものね。
勇気のいる一歩だったかもしれませんが、断酒会との出会いが、新たな人生を歩むきっかけになれば良いですね。

 

川辺秀年
2時間前 ·
アル中になりました No.40 やっと繋がった!
一昨日、月に一度の通院だった。片道3時間で診察は3分。
但し、笑い話の中でグサリと心に食い込む、カリスマ医師の診察は鋭くて濃くて暖かい。次の一か月も断酒で乗り切る心の糧になりました。
今回は、老親お一人をご案内した。子供さんの酒で苦労している。1月末、突然知らない番号から電話があった。嗚咽で言葉にならない。
私 :お酒でお困りですか?
相手:ハ・・・イ・・・
大変な勇気を振り絞ってお電話してくれた事だろう。FBで私の投稿を見たそうだ。
それから何度も断酒会に参加するチャンスを逃してきた。飲酒事故もあった。心が折れそうになっていた。
やっと今回、カリスマ医師による専門医療と断酒会に繋がる事が出来た。4か月かかった。私は断酒会に繋がるまで3年、カリスマ医師に出会うまで9年を要した。
彼女はカリスマ医師に相談し、断酒例会にも参加して、考えが根底から覆り、心が晴れた様子だった。
医師:子供に死んでほしいだろう?
老親:はい
医師:放っておけば、後一か月で死ぬ。
老親:それは辛いです。
医師:方法はある。午後の例会に出なさい。そしてこの人に付いていきなさい・・・と私を指さす。
私は慌てたが、腹を括るしかない。
後は、大笑いの話ばかり。でも内容は非常に厳しくて暖かい。こんな話し方、私にはできない。
一瞬にして相手の心の中枢に食い込む。神業だ!
私もこの神業で命を助けられた。
コロナで中止されていた、午後の院内例会が始まっていた。いつもは数十名~百名ぐらいだけど、今回は小グループに分かれ、私たちは17名のグループになった。懐かしい顔の面々、生きていた事を喜び合った。依存症は常に死と隣り合わせだ。
そんな事を知らずに、世間の人は酒を呑んでいる。いくら私がその怖さを話しても言葉が通じない。自分は違うと思って呑んでいる。かつての私の姿がそこにある。

こわ~

みなさん おはようございます。21日午前6時現在、晴れで気温は12℃。気分は(-_-)

裏山の切り株が崩れ落ちました。

わが家が、建てられたのが60年ほど前。その前に伐採されたと思われる椎の木の切り株が気になっていました。

樹齢100年は超えると思われる大木だったので、腐って落下すれば自宅を直撃する恐れがあり、ワイヤーで固定しておこうかなどと考えていたところでした。

17日夜に震度3の地震があり、その後、まとまった降雨がありました。それが原因となったのか、昨日の朝、崩れ落ちているのに気がつきました。

幸い、自宅には被害はありませんでしたが、自然災害の怖さを改めて感じさせられました。

 

DSC_3528DSC_3349DSCPDC_0003_BURST20200519090

同級生がアルコールとたたかっています。No.38

 
川辺秀年さんが過去の思い出をシェアしました。
昨日 9:32 ·
アル中になりました No.38 昨年の断酒学校
昨年は、土佐の山奥で二泊三日の断酒学校に参加していました。
今年は、コロナのせいで中止です。
でもオンラインで二日に亘る断酒スクールが開催されました。
素晴らしい試みです。残念ながら私は参加できませんでした。
目の前のバタバタが片付いたら、オンライン例会にも参加したいと考えています。
コロナによる経済と金融の二次災害はこれからでしょう。2~3年先に発生するかもしれない惨事を思うといたたまれません。
皆様がご自身と家族を守る為の準備をされればいいなあ・・・と。
私も遅々としながらも準備は進めています。
何が起ころうと、断酒継続が大前提です。
今、酒を呑んでいる人の殆どは助からないでしょう。環境が悪すぎます。終戦直後にどれほど多くの人達が酒で命を落としたかを、今はなき酒屋のお婆ちゃんから聞きました。
終戦直後、大連にいた26万人の邦人が引き上げを待つ間に、次々と自殺していった記録も読みました。全て酒が絡んでいます。
ご家族や友人の酒が変だと感じたら、断酒会にご連絡ください。
専門医、精神保健福祉センター、町の保健師さん、AA、ダルク等々、相談窓口は沢山あります。

同級生がアルコールとたたかっています。No.37

川辺秀年
アル中になりました No.37 5月3日NHKおはよう日本
社会不安がある時の家呑みは危険です。
私は、震災の時の家呑みで連続飲酒に陥りました。
DV、子供虐待、自殺が増えています。全て酒が絡んでいます。
下記は、明朝、6時台と7時台の「NHKおはよう日本」です。
周囲に気になる人がいる方は、是非ご覧下さい。

 

 

同級生がアルコールとたたかっています。No.36

川辺秀年
2時間前
アル中になりました No.36
身体を鍛えて、酒を抜こう!
一昨日、標高638mの五剣山登山を楽しみました。世俗から離れて・・・沖の出羽島の向こうには室戸岬が見えます。見える・・・はず。
下山途中でルートを変えて「鬼が岩屋」へ。私は鬼が岩屋が3回目なので、説明役を仰せつかりました。
余りにも説明が適当なので、見るに見かねた「仏のSさん」がチョコチョコ手直ししてくれました。
そして夕方から空手の稽古。新たに69歳男性と65歳女性が加わりました。男性は鉄砲撃ちの名手です。猪と鹿の肉が目に浮かびます。
79歳の空手の達人は相変わらず「私は68歳です。」等と少々?さばを読んで自己紹介していました。
昨日の阿南医療センターでは2か月に一度の診察。コロナのせいで、入院患者には家族の面会もままにならない様です。
今は、身体中がギシギシ言っています。

同級生がアルコールとたたかっています。No.31

川辺秀年
4月9日 5:39 ·
アル中になりました No.31 酒で身体中を傷めた
酒を断って、空手に復活し、少し無理して・・・案の定、肩を傷めました。
それでも空手は気持ちが良い。
酒よりはるかにいい。180度、違います。
体調良好、心は清々しく、人生が楽しくなりました。
毎週水曜日19:00から1時間
牟岐の町民センターの武道場で
空手の稽古をしています。
無理の効かない身体の
空手好きが
○無理をしない
○痛いことをしない
○人と比べない
○疲れたら休む
○真面目にしない
この五つを信条として
絶賛稽古仲間募集中!
練習の後は体が軽くなって気持ちがいいよ。