あ~あ(;´Д`)

DSC_3433DSC_3435

みなさん おはようございます。10日午前6時現在、晴れで気温は23℃。「赤旗」日刊紙の配達を終えて帰ってきたところです。気分は(-_-)

今月末には稲刈りが始まりますが、「米は俺のものだ」と思っているのでしょう、サル軍団が大暴れしています。

3回ほど被害を受けたというIさんの田んぼでは、まだ十分熟していないのに稲はなぎ倒され、穂はむしり取られていました。

近くで「ギャ― ギャー」騒いでいたので「コリャー」って、怒鳴ったのですが、逆に「ウオッ ウオッ」って、怒られました( ;∀;)

みなさん おはようございます。9日午前6時現在、曇りで気温は22℃。久しぶりに朝から晴天になるのかと思っていたけど、そうではないようです。気分は(-_-)

一週間ほど前に柚子の苗木を買ってきて裏山に植えていました。二階ベランダから20mほどの位置にあり、生長を楽しみに毎日眺めていました。ところが昨日、異変を感じて慌てて行ってみると葉が一枚も無くなっており、枝が近くに落ちていました。切口は鋭い刃物で切ったかのように。

おそらくウサギの仕業だと思いますが、わざわざ柚子の苗木を食べなくても、今だったら食べ物はいっぱい、あるのにね。ほんまに腹立つわ(; ・`д・´)

こうなったら、この間見掛けたキツネ君に頼むしかないかな。

またまた彼らが(;O;)

_DSC8476

みなさん おはようございます。8日午前6時現在、雨で気温は22℃。気分は(-_-)

昨日、15時頃より雨が止み、一時、日が差したこともあったのですが、夜中から再び雨が。もういい加減にしてくれって感じですね。今日も、一日中、降ったり止んだりになりそうです( ;∀;)

稲の出穂が始まると動きが活発になるのがおサルさんたち。さっそく「田んぼに入り荒らされた」との情報がありました。

わが家の前を走るJRの線路伝いにサルの一団が堂々と移動して行きました(;´Д`)

写真は昨日のものです。

引き続き警戒を

DSC_3423DSC_3420

みなさん おはようございます。7日午前6時現在、雨で気温は23℃。「赤旗」日刊紙の配達当番だったのですが、渋滞で配送車が動けない状態だという事だったので、日曜版の配達だけを終えて帰ってきました。

相変わらず、雨が降ったり止んだりが続いています。今朝の配達中も、突然強い雨が降り出し、膝から下がずぶぬれ状態になりました。

ただ牟岐川の水量は、普段より少し多い程度で、濁りもそれほどひどい状態ではありません。このまま済んでくれれば良いのですが、今日、明日と、まだ降り続くのだそうです。引き続き警戒が必要ですね。

わが家に設置してある「簡易雨量測定器」では、昨日の朝から今朝までで70mmほどの雨量があったようです。

牟岐川の写真は、今朝5時頃のものです。

ご注意くださいね

DSC_3416DSC_3413DSC_3407DSC_3410

みなさん おはようございます。6日午前6時現在、雨で気温は23℃。気分は(-_-)

梅雨明けのニュースも聞きますが、私の住んでいる辺りは、相変わらず雨が降ったり止んだりが続いています。この天気、まだ明後日ぐらいまで続くのだそうです。ちょうど、稲の出穂・開花期と重なってしまったので収量にも影響するかもしれません。

わが家に設置している「簡易雨量測定器」が満杯になっていました。4日の朝から今朝までで累積で200mm以上の降雨があったという事になります。

裏山の、岩の割れ目や石垣の隙間から水が勢い良く流れ出しています。山崩れ要注意です。

降雨が続いている地域のみなさん、お住まい周辺の変化に十分ご注意くださいね。

そんなことが(;´Д`)

みなさん おはようございます。5日午前6時現在、曇りで気温は23℃。気分は(-_-)

昨日、マイバーさんが、「徳島新聞の読者の手紙欄を見てみ~」って言うので見てみると、知り合いの中川さんの投稿が掲載されていました。

中川さんとは、10日ほど前にフジバカマの挿し木を一緒にさせていただいたばかりでした。

牟岐町でも、あの戦争でたくさんの方が戦死をされ、残されたご家族は辛い思いをされてきたと思いますが、中川さんもその一人だったのですね。

マイバーさん、「読んでいるうちに涙が出てきて止まらなくなった」って、言っていましたが、私も同じことに。

二度と戦争はしない。そのためにも憲法9条は、しっかり守らないと(; ・`д・´)

以下、掲載された投稿文を紹介します。原文そのまま。

梅エキスと戦病死の父思う
牟岐町 中川英之・82歳・農業

私が子どもの頃、戦争末期で物資や医薬品が少なく、祖母や母が手間暇かけて自家製の「梅エキス」をこしらえてくれた。その梅エキスには、つらい思い出がある。
私が国民学校1年生の昭和18年7月のことだ。徳島の連隊にいる父から母に「アスメンカイニコイ」の電報が届いた。牟岐駅始発の汽車に乗り、3時間半かけて徳島へ。蔵本の連隊に着いて父が来るまでのわずかな間に、手に持っていた風呂敷包みを落として梅エキスの瓶が割れてしまった。祖母と母が戦地へたつだろう父に持たすはずだったのに。
やがて向こうから父がやって来た。守衛に敬礼し、私の頭をなでてくれたのがうれしかった。母に背負われている生まれて3カ月の妹の顔をのぞき込んでいたのを、今でもはっきりと覚えている。だが、その時私には分からなかったが、母はこれが最期になるかもしれないと感じていたのであれば、どんな思いだったのだろう。
日付はないけれど、待ちに待った母あてに軍事郵便のはがきが届いた。ビルマ(現ミャンマー)派遣隊と書かれ検閲印があり、文面は「自分は至って元気にしている。お前も野良仕事に忙しいだろうが体に気を付けて子供や年寄りをよろしく頼む・・・」。だが次に届いたのは「昭和19年6月1日ビルマ方面に於いて戦病死」の広報だった。最後は、白木の箱に入って帰ってきた。祖母や母は泣き崩れた。
年月がたってビルマでは多くの兵隊が飢えと病気で死んだと知り、あの梅エキスを落とさなければ、父は元気で帰って来られたのにと思い、残念でならない。その梅の古木は、わが家で今も健在だ。毎年早春には、白い花を咲かせ6月ころには実が熟す。それを見ると、さまざまなことを思い出し涙がこぼれる。

気をつけて

みなさん おはようございます。4日午前6時現在、雨で気温は24℃。「赤旗」日刊紙の配達を終えて帰ってきたところです。気分は(-_-)

数日前から海は大荒れ、晴れたと思ったら急に雨が降ったりと、台風7号の影響が続いています。

現在、牟岐町では、強風が吹いていますが、雨は多くありません。わが家の二階ベランダに置いてある「簡易雨量測定器」では、昨夜7時から現在までで10mmほどの降雨があったようです。

ただ、明日にかけて、場所によっては大雨の恐れがあるようです。危ないと思ったら早めに避難しましょうね。

DSC_3406DSC_3396DSC_3403