不屈

みなさん おはようございます。11日午前6時現在、晴れで気温は11℃。「赤旗」日刊紙の配達を終えて帰ってきたところです。気分は(-_-)

軒下に置いてあるドラゴンフルーツですが、寒さに耐え春を迎えることが出来ました。息子が沖縄から送ってくれたのが美味しくて、こちらでも栽培できないかと試しに鉢植えしたのが8年ほど前。色は退色して茶色っぽくなっていますが、これから緑が濃くなり、6月になれば新芽が伸び始めます。

米軍基地を撤去し、平和で豊かな沖縄を取り戻すため不屈にたたかっている沖縄の人々に連帯して頑張っているのかもしれません。

DSC_0580

つばけました

みなさん おはようございます。10日午前6時現在、小雨で気温は9℃。気分は(-.-)

田植えの準備を始めました。
この辺りでは、「つばける」って言いかたをしますが、田んぼに水を入れ、トラクターで耕運します。

このまま放置し、4月の始めに施肥・耕運し、田植えとなります。そして、8月中旬には稲刈りです。

購入したばかりのトラクターですが、良く働いてくれました。採算を考えるとしんどくなるので、とにかく大事にして長く働いてもらうしかありません😅

 

牟岐中学校卒業式

 

みなさん おはようございます。9日午前6時現在、晴れで気温は1℃。「赤旗」日曜版の配達を終えて帰って来たところです。気分は(-.-)

昨日は、牟岐中学校の卒業式で、今年は33人が新たな人生へと飛び立ちました。
在校生代表が送辞のなかで「先輩たちの頑張りを見て自分を変えようと一歩を踏み出すことができた」と述べてたのが印象に残りました。きっといろんなことがあったと思うけど、良いクラスだったのだと思います。

最後に、みんなで校歌を歌いました。

いつものことだけど、大きめのハンカチを用意していて良かったです😅

水仙ロード

みなさん おはようございます。8日午前5時半現在、晴れで気温は4℃。「赤旗」日刊紙の配達を終えて帰ってきたところです。気分は(-_-)

花好きのマイバーさん、庭が満杯で花を植える場所がないので、自宅と公道とのわずかな隙間で水仙を育てています。今年も立派に花を咲かせました(^0_0^)

DSC_0562

3月議会が 終わりました

町長が任期で辞任を表明しているためか、質問者は5名でした。私は、4点について質問させていただきました。以下質問原稿を紹介します。

それでは4点について質問させていただきます。最初に水道事業の今後の課題について防災・減災の視点から質問させていただきます。
現在、蛇口を捻れば簡単に水が出ます。スイッチを入れれば電灯がつき、ストーブのボタンを押せば寒さから解放されます。私たちは、これが当たり前のこととして日常の生活を送っています。しかし、この水、電気、燃料の三つのうち一つでも欠けると直ちに普段の生活が難しくなります。例えば何らかの原因で断水したとすると、たちまち食事の準備が出来ない、洗濯が出来ない、水洗トイレが使えない、風呂に入れないなどという事になります。そして、それが短時間であり、限られた範囲であれば容易に日常生活に戻れますが、広範囲で長時間続くようなことになれば地域社会全体が大混乱に陥ることになります。
近年、異常気象という言葉をよく聞くようになりました。台風の多発、局所的な豪雨、発生確率が低いと言われている地域での巨大地震の発生など、日本列島各地で毎年のように大災害が発生しています。本町で言えば、日常の自然災害を心配しなければいけない上に南海トラフを震源とする大地震津波発生の危険性が日々確実に高まっております。
町民のみなさまの一部の方からは、どうせ死ぬのだから何をしても無駄だと清算主義的な声もお聞きすることがありますが、行政はそれではいけないのであって、普段から少しでも被害を減らすために住民のみなさんとともにいざという時のための準備を整えておかなければなりません。
そこでお伺いいたします。他の自治体のことですが、配水池の耐震化が出来ておらず、震災時壊れてしまうのではないかと住民が不安に感じている旨の報道があり、わが町は大丈夫なのかと心配になり質問させていただくのですが、現在、本町では、9か所の配水池が設置されています。もしこれが壊れるようなことになればたちまち給水が困難になるわけですので、耐震化しておく必要があります。。9か所全て耐震化が出来ているのかどうか最初にお伺いいたします。次に、水道管の寿命は、埋設環境により違ってきますが、地方公営企業法施行規則により耐用年数は40年と定められていまして、それ以上経つ水道管は老朽管と言われ交換する目安となります。そこでお伺いいたします。本町の場合、老朽管がどの程度使われているのでしょうか。もしまだ使われているとしたら、今後取り換えの計画はあるのでしょうか。
次に、以前、一山議員から出羽島への送水がストップした場合どうするのかとの質問に対し、当時の水道課長から旧出羽島小学校敷地内に設置している配水池の水を活用したいとの答弁がありました。そこでお伺いいたします。この水を使うとすれば、出羽島の住民のみなさんが、何日間生活することが出来るとお考えなのでしょうか。
次に、今は、会計が統合されて、牟岐町簡易水道事業という事になっていますが、関にある水道施設には、停電時に対応する発電機が設置されていますが、内妻にある水道施設には設置されていません。内妻の水道施設の場合は、離島に送水するという特に大事な役割を担っている施設であり停電が長時間続くという事になると大変な事態になることが予想できます。いざという場合に備えて自家発電機を設置すべきではないでしょうか。
次に、関にある水道施設についてであります。津波に備えて大事な発電機、操作盤等は2階に移動させてはいますが、それでも、浸水する可能性は大であります。ここがもし使えなくなるとすれば大変な事態になることは間違いありません。移転計画はあるのかどうかをお伺いして次の質問に移ります。

次に町営住宅入居者死亡後の遺品の処理についてお伺いいたします。本年2月22日付け徳島新聞にこの件についての記事が掲載されておりました。確かに、単身入居者が亡くなった場合、相続人がいて遺品を引き取っていただければ問題ないわけでありますが、そうでない場合は、行政が勝手に処分するわけにいかないので、いつまでも遺品が放置され、部屋が有効に活用できないという事になります。そして、亡くなった場合だけではなく、入居者の行方が長期間分からないという場合も同じような問題が起こることになります。
新聞報道では、本町においては、そのようなことはないとのことでしたが、過去にはあったと聞いていますし、高齢化の進行とともに今後、このような問題がおこる可能性が高まることが予想されますます。そこでお伺いいたします。最初に、現時点で、本町においてこのようなことがあるのかないのか改めてお伺いいたします。次にこのようなことが起こっても早期に対応できるように法改正を求めることが大事でありますし、今のうちに何らかの対策を考えておく必要があると考えますが、その考えがあるかどうかお伺いをいたします。

次に、一部町営住宅の家賃を一万円の定額にしていることについてお伺いをいたします。この件については、どう考えても行政のやり方には問題があると思い、毎年の議会で問題にしてきました。
1996年公営住宅法の改正により、応能・応益家賃が導入され、家賃は、家賃算定基礎額×市町村立地係数×規模係数×経過年数係数×利便性係数という計算式で決められるようになりました。このことの是非は別にして、一万円の定額にしていることにより、他の同じような住宅と比べて家賃が格安になっていることは間違いありません。例えば、建設時期がそう変わらない、きやの団地の平均家賃月額と比べると半額と格安となっています。同じ牟岐に住む住民になぜこのような差をつけなければならないのでしょうか。そして現在は、後からの入居者には公営住宅法を適用した家賃を徴収しているとのことですから、同じ住宅団地に住んでいながら家賃の決定方法が人によって違うという事態になっているわけであります。
行政は公平・公正に行わなければならないのは当然であって、いつまでもこのようなことを続けるのは止めにすべきではないでしょうか。
福井町長が誕生した当初、私の質問に対し、「藤元さんのおっしゃるとおりです」と答弁したことがありましたが、今回、任期最後の議会にも同じ内容の予算案が提出されています。
このことを住民のみなさんにお話しすると、「え~いまだにまだそんなことしているの」「それはおかしいだろう」と異口同音におっしゃいます。そこでお伺いいたします。町長は、このような行政の在り方は不公平でおかしいとの認識はありませんか。もし、おかしいと思っているのであれば、何故改められなかったのかをお伺いして次の質問に移ります。

次にゴミ焼却場の建て替えについてであります。この件については徳島新聞が、2月28日から3日連続で記事を掲載したこともあり、町民のみなさんの関心も一層高まっております。ただ、この記事は、建て替えの件に絞った記事でありました。
海部郡のゴミ処理問題を考える場合、二つの視点が必要だと考えます。一つは、今まであまり議論されてきませんでしたが、一度ゴミ焼却場を建設すると半世紀近く使う事になるという事から半世紀先のことを見据えた計画を持ち、建設にあたっては、それを踏まえた内容にすることが大事だということであります。
地球的規模の環境汚染、資源の枯渇が問題になっており、人類には、生産・消費のあり方を改め、さらなる循環型社会の実現が求められるようになってきます。特にゴミリサイクル率が県下最低クラスにある海部郡の住民としては真剣に考える必要があります。したがって、従来のようにゴミを集めてきて邪魔物のように焼いてしまうのではなく、新たな資源としていかに有効利用するかという発想の転換が求められています。具体的には、ゴミを出さない生活のあり方。そして、さらなるゴミの分別・資源化。生ゴミの有効利用であります。生ゴミの別処理についてはいろいろ課題もありますが、これが出来れば焼くゴミを半分近く減らせることが出来ますので真剣に考える時期が来ていると思います。
もう一つの視点は、今現在、我々の目の前に迫っている、新たなゴミ焼却場をどこに建設するのかという事であります。すでに操業を始めて40年になり、新たな処理場を建設しなければならない時期に来ていますが、いまだに目途が立っていないという状況であります。
その責任はどこにあるのか。行政にあるのは間違いありません。第一義的な責任は海部郡衛生処理組合にあり、組合の中で十分な議論がされてこなかったことが今の事態を生み出している最大の原因だと思います。したがって、特定の個人に責任があるという事ではないという事はハッキリしています。
ただ、現在、事務組合の管理者であり町長である福井町長のこの間の言動にはハッキリ申し上げて問題があったと思います。町長は町長なりに町のことを考えての言動だったと思いますが、あまりにも今までの経過を無視した言動であったと思います。このことについては議会でも再三指摘されてきたにも関わらず、この姿勢を改めることはありませんでした。この姿勢がこの問題をより難しくしたと思います。
関係住民からすれば、当時、現地での建設にあたって賛否両論あるなかで、「次は牟岐町以外で建設するから」と説得され重い決断をしたのに、創業から20年もしてから猛毒ダイオキシンが大量放出されていたことが明らかになりました。そして、次は他町でという6町合意の公文書があるのにも関わらず、「現地で建て替えをするのが経費も安くて早く出来るので」などと言われて「はいそうですか」となりますか。その論理で行くなら、現地での操業が永久に続くという事になるではありませんか。行政のご都合主義の典型だと言わなければなりません。議会や住民が反発するのは当然だと思います。
それにしても他町の動きが見られないのはどういう事でしょうか。衛生処理組合の資料によりますと、平成29年度で、焼却した可燃ゴミは7250,89トンでそのうち牟岐町のゴミは1085トンです。割合で言いますと15%。ほとんど他町のゴミを牟岐町で焼いているというのが実態なのです。他町にとって今のままが都合が良いからダンマリをきめこんでいるのでしょうか。ゴミは他町で焼いてもらうが、自分の所では焼くのは嫌だでは困ります。新聞記事でも、「今のところ自分の町に建設する話はない。今後3町で話し合う」とまるで人ごとのようなコメントではありませんか。
平成29年1月18日衛生処理組合全員協議会で建設位置についてはゼロベースに戻し、新たに建設地を検討するという事になっていますが、その後副町長間で話し合いを続けていると聞いています。あれから2年、あまりにも進展が遅いと思いますが、どこまで話が進んでいるのかお伺いいたします。
次に、このような事態になったのは、先ほども述べたように衛生処理組合の中での議論が不十分だったことが原因だという事は明らかです。したがって、たまたまその時期に町長になった福井町長に全責任があるわけではないし、責めるつもりもありません。
ただしかし、先ほど述べたてきたように福井町長の対応がまずかったことは事実です。そして、ゼロベースで検討するとなってからも相変わらず従来の自論をあちこちで述べています。今の時代、そのことがあっという間に世間に伝わります。それが「牟岐でやってくれるだろうと」との期待を他町に持たせ事態が進展しない一因になっているのではないかと思います。
個人でも行政でも、間違いは避けられません。大事なことは間違ったことは素直に反省し、次に進むことです。
4今後、この件がスムーズに進めばとの思いで質問させていただくのですが、今までの取り組みで反省しなければと思う点があるかどうかを最後にお伺いして質問を終わらせていただきます。

一ヵ月ぶりの再会(^0_0^)

みなさん おはようございます。6日午前5時現在、曇りで気温は9℃。気分は(-_-)

マイカーちゃんとヤギ君たちが一ヶ月ぶりに再会しました。

マイカーちゃん、昨年の台風で徳島市にある自宅屋根の一部が壊れ、その補修のため一ヶ月ほど留守していました。

すぐに思い出したようで、真っ先に近づいてきたのがヒツジのメー君。続いてモー君。二頭とも相変わらず甘えん坊のようです(^0_0^)

DSC_0555DSC_0558DSC_0553

いよいよやね(^^♪

みなさん おはようございます。5日午前5時現在、晴れで気温は4℃。今日は議会開会日。今日までに質問通告書を出さなければいけないので焦っています。気分は( ;∀;)

厳寒期には、底に溜まった泥の中でほとんど動かないままいたメダカですが、水温の上昇とともに動きが活発になって来ました。

水温を測ってみると12℃。春は、すぐそこまで来てるって感じですね(^^♪

 

DSC_0546DSC_0545